きみが心に棲みついた10話(最終回)のあらすじとネタバレ感想!

こちらの記事では「きみが心に棲みついた」最終話である10話のあらすじとネタバレ感想について紹介していきます。

凛子

さて、最終回はどんな展開になるのでしょうか〜!?

それでは早速見ていきましょう♪

ひっきー

10話あらすじと感想ネタバレ

10話(最終回)あらすじ

吉崎さん(桐谷健太)に振られた。好きだったのに大好きだったのに。

あれは恋愛じゃなかったのか、依存していただけなのか。

吉崎と別れて今日子(吉岡里帆)は、1人になっていました。ただ、孤独とは違い母親から、星名から自由になり今日子は1人になっていました。

仕事では、新ブランドの発売日も決定し順調に動いています。

ある日、星名さんと連絡が着く人がいるかと上司が皆に聞きます。星名と連絡がつかずにラプワールまで連絡がきたようでした。

星名の母親が倒れたので連絡が取りたいと。

星名(向井理)は、親会社の帝光商事に戻されて謹慎処分となっています。会社からの連絡も家族との連絡もすべて絶っていました。

星名とは離れたはずなのに、どうしても気になる今日子は母親の病院にお見舞いに行きます。

星名と母親の関係

病院に行くと、星名の母親(岡江久美子)が絶対に家族には言いたくないんですと看護士さんと話している所でした。

今日子は、漣(向井理)には言わないで欲しいという母親に「後で知ったら星名さん、きっと悲しみます」と言います。

私は、母親失格だった。

だからいいんです。最後まであの子の味方になり切れなかったと今日子に話します。

星名の気持ちを考えて、何とか母親と話をさせてあげたいと思う今日子が星名を思う気持ちが優しすぎです。

星名に関わりすぎる事が原因で、吉崎と別れる事になってしまったというのに人に優しくなれるのはいいですね。

吉崎と星名の直接対決

部屋に引きこもる星名の元に、吉崎が訪れます。

「今日子を、解放してください」と頭を下げます。

つきまとわれているのはこっちですよ、と言う星名に「頼っているのは星名さんの方じゃないですか。僕にはあなたの方が今日子に依存しているように見えます」

「だから、彼女の人生から消えてください」

分かれたはずの今日子の為を思って、自分の事を解放できない星名の事を思って吉崎はきっと言ったんだと思います。

このドラマで吉崎は、いい人すぎて今日子が吉崎を頼ってしまうのも分かる気がします。それが恋なのか、依存なのか分からなくなっても仕方がないのかなと。

再び星名の元に行く今日子

 

今日子の元に、星名の姉・祥子(星野園美)から母親が亡くなったと連絡が入ります。

漣と連絡が取れないので、お見舞いに来てくれた時に渡した名刺に書いてあった今日子に連絡をしたのだと言います。

連絡を受けて会社を飛び出して星名を探し回る今日子、たどり着いた先は大学のサークル室でした。

ドアをドアが開かず、無理やり開けるとそこには。練炭を炊き自ら命を絶とうとしている星名がいました。

このクソみたいな世界に飽きただけだよ。お前も一緒に行こうと今日子を道連れにします。

しっかりしてと今日子が言うと「人を殺すのはこれで二回目だから」と星名がいいます。父親を殺したのは、実は星名だったのです。

すごい闇を抱えていまいしたね。これって星名の罪を母親がかぶったってことなのでしょうか。小さい頃、母親にDVをする父親が許せずに思わずという事みたいですが、何とも感想が言えません。星名の心の闇が深すぎます。

そして、1年後

星名と共に、練炭で意識を失ってしまった今日子は駆け込んできた牧村(山岸門人)と吉崎に助けられます。病室で目を覚ますと堀田(瀬戸朝香)と八木(鈴木紗理奈)がいました。吉崎が自分が助けたと言わないで欲しいといっていたので、吉崎の事は秘密にして。

そして、1年後。

スズキ先生が「俺に響け、届け」で漫画大賞を受賞します。授賞式の帰りに、「小川さんにも感謝の気持ちを伝えたかった」と言うと、今日子の事を目をキラキラさせながら語る吉崎に、「もしかして、彼女が心に棲みついちゃってます?」と言われてしまいます。

その時、靴が落ちているのに気づき拾って顔を上げるとそこに転んでしまった今日子がいました。1年ぶりの今日子との再会にどうしていいか分からず逃げようとする吉崎を呼び止めた今日子でした。そこから時が経ち、扉の前で二人が話します。

「本当に私でいいんですか?」と今日子が言うと

「はぁ?そんな事言われたら迷ってくるだろ」と吉崎が答えます。

それでは、新郎新婦の入場です。腕を組む今日子と吉崎が歩く先にはたくさんの人が祝福して待っていました。

星名の行方は分からないけれど、星名から花束が届きます「キョドコのくせに、happy wedding」とメッセージが添えられて。

まとめ

ついに最終回ですね。どっちを選ぶのかって思っていたけれど、やっぱり吉崎ですよね。星名は可哀そうでしたね。

きっと今日子が心の支えだったんですね。

殺人の罪はどうなるのか?とか色々と疑問は残りますが、街角で振り返る意味ありげな星名の笑い顔が何かを意図しているのでしょうか。

別れてもずーっと思い合っていた今日子と吉崎が、運命的にまた再会して恋が始まる素敵なラストでした。

あんな偶然、ある訳ないと思うけれど、でも不思議と縁がある人は約束をしていなくても、こんな所でと思うような場所で度々会ったりしますよね。

凛子

星名から解放されて、吉崎と出会ってちゃんと恋をして失恋をして、そして結ばれてドラマを見ていて今日子と一緒に自分も恋をしているような気持になれたドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です