隣の家族は青く見える10話(最終回)のあらすじとネタバレ感想!

こちらの記事では、「隣の家族は青く見える」10話(最終回)のあらすじとネタバレ感想について紹介していきます。

凛子

家を出てしまった奈々、大器はどうなっちゃうのかなぁ?

果たしてハッピーエンドで終わるのか!?泣

それでは早速見ていきましょう♪

ひっきー

▼隣の家族は青く見えるの動画を無料&高画質で見たい方はこちら▼

10話(最終回)のあらすじとネタバレ

10話あらすじ

流産してしまい、置手紙を残して姿を消してしまった奈々(深田恭子)を大器(松山ケンイチ)が一生懸命探しますが、見つからず奈々の実家からの電話で静岡に戻っている事を知ります。

奈々に戻って来て欲しいと言いに静岡まで行きますが、奈々は「別れたい」と言い出します。

指輪も外していました。

コーポラティブハウスに暮らす4家族それぞれの結末、幸せに向かっているといいですね。

聡子の言葉

今まで頑張っていた不妊治療を、お休みしたいと大器に話します。大器は「そうしよう、もう大丈夫だよ」と同意するのですが、奈々は赤ちゃんを抱かせてあげられないのが申し訳なくて仕方がないのです。

別々に暮らしている奈々を心配して聡子(高畑淳子)が、奈々の所に会いに来ます。

大ちゃんに申し訳ないという奈々に「楽しい事、嬉しい事を分け合える人はいるけど、辛い事悲しい事を分け合えるのが夫婦なんじゃないかな」という言葉をもらいます。

愛し合っているからこそ望んだ子供だったのに、それで別れちゃうなんて本末転倒よと。

別れよう、頑なだった奈々の心に変化があるのでしょうか。

それぞれの本末転倒な事

大検の合格通知が届きます。朔(北村匠海)よりも喜んだのが渉(眞島秀和)でした。

渉はずっと考えていたパートナーシップの宣誓を一緒にしてくれませんかと朔にプロポーズします。

連絡を取りずらくなっていた、渉の母・ふみ(田島令子)がパートナーシップの宣誓をする時に現れます。すっかり朔と仲良くなっていて「朔ちゃん♡」と「お母さん♡」と呼び合っているではないですか。

朔が、「家族を作るのが夢だったのに、大切な人の家族を壊すなんて元も子もない」と言い、それを嬉しそうに見つめる渉でした。

離婚問題を抱えている小宮山家では、優香のダンスコンテストに深雪(真飛聖)抜きで来ていました。

良い結果を残せて満足して帰る優香でした。皆で家に帰ると、ご飯の用意をして深雪が待っていました。エプロンの下にダンス会場に入る為の1日パスが貼られているのを見つけて嬉しくなります。

優香が、「ママ、ありがとう。もう悔いはないから本格的に受験頑張るね」と言うと、「今までは、優香を守ることばかりを考えていたけれど、困難に出会ってそれを乗り越えていくというのも必要だと気づいたの」と言った後に、受験はしなくていいよ。好きな中学に行ってね優香を許します。

それをそっと見守る真一郎は、子供が寝た後に「申し訳なかった、こんないい子に育ててくれて、たくさんの愛情を注いでくれたのに俺は何を見ていたんだろう、離婚は撤回したい」と言いました。

「商社を辞めたのも、家族の時間を作りたいからなのに家族がバラバラになったら本末転倒だよね」と。深雪はありがとうと言い真一郎にそっと寄り添います。

亮司(平山浩行)は、ちひろ(高橋メアリージュン)に「事実婚承諾書」と「遺言書」を書いて欲しいと言います。ちひろはそんなのいらないし、大丈夫だよと断りますが、「もしも俺に何かあった時に、これがあれば亮太(和田庵)を任せる事が出来るから」と言われると、ちひろ分かったとサインをします。

「あの子がまた居場所を失ってしまうのだけは、避けたいから」と力強く言うちひろでした。

深雪と真一郎は本当に良かったです。二人がわだかまりが解けてキスをしようと真一郎の眼鏡を外した時に深雪が「イケメン♪」と言って真一郎をうっとりと見つめていたのが良かったです。それを見た優香と萌香に「何してたの~」とからかわれる深雪も可愛かったです。

ちひろは、きちんと亮司との関係を築いていって、きっとお母さんのように亮司を優しく包み込んでいってあげるんだろうと思いました。

朔と渉カップルは、もう何もいう事なく微笑ましく見守れます。

大器と奈々の結論

毎日届く大器からのメールを見て奈々は、大器に会いたくてたまらなくなりコーポラティブハウスに帰ります。そこには一緒に植えたオリーブを見ている大器がいました。

会いたかった、ただそれだけ。大ちゃんも辛い思いしていたのに私ばかり辛い思いしてるようにしてごめんなさいと奈々が言います。

赤ちゃんを授かる事が奇跡だと思っていたけれど、一生一緒にいたいと思えるパートナーに出会えたのが一番の奇跡だったよ。

2人は、不妊治療をお休みして子供がいない人生を考えてみようと前を向きます。

辛い決断なのだと思いました。だけど本当に夫婦って他人だけど血が繋がっている以上に大切と思えるし、お互いの一番の理解者になる大切な存在なのだと改めて気づかされる奈々のセリフでした。

▼隣の家族は青く見えるの動画を無料&高画質で見たい方はこちら▼

まとめ

コーポラティブハウスという、ちょっと変わったマンションで繰り広げられた4家族のそれぞれ。多様化する家族の形態をしっかりと描いていて、どの家族にも共感をする事が出来ました。

最終回では、4家族がとても良い方向にいって心が明るくなるドラマでしたね。

続編あるかな。

凛子

朔と渉が養子をもらって育てようなんて話もあって、母親のふみもノリノリでしたよね。そんな明るいエピソードがまた見たいです。

▼隣の家族は青く見えるの動画を無料&高画質で見たい方はこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です