正義のセ1話のあらすじとネタバレ感想!吉高由里子と安田顕コンビが良過ぎる!

今回の記事は4月11日から放送がスタートしましたドラマ「正義のセ」のあらすじとネタバレ感想について紹介していきたいと思います。

凛子

主演は吉高由里子さんなんだよね。
そうそう。

三浦翔平さんとか、広瀬アリスさんとか、ドランクドラゴンの塚地武雅さんも出演してるんだよ。

吉高由里子さんは新人検事の役で、三浦翔平さんと塚地武雅さんは先輩検事の役なんだよね。

ひっきー

▼正義のセの動画を無料&高画質で見たい方はこちら▼

huluは2週間以内に退会すれば追加料金は一切ありません

1話のあらすじとネタバレ

1話あらすじ

主人公は検事2年目の竹村凜々子(吉高由里子)、大阪地検から横浜地検港南支部に転勤してきました。

凜々子は正義感がとても強く、将来は正義に味方になるんだ!と小さな頃から困っている人のために正義を貫く気持ちが強かったのです。

そんなまっすぐな正義を愛する凜々子にとって、検事は天職なのか、それともまっすぐすぎることが足を引っ張るのでしょうか。

凜々子の赴任先、港南支部には、支部長の梅宮(寺脇康文)、先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)と個性派揃いのメンバーです。

凜々子と一緒に組むことになった事務官は、ベテランの相原(安田顕)でした。

1日で多くの担当事件があり、次々と事件の被疑者を取り調べしなければならない、凜々子なのですが、その被疑者一人一人に感情をむき出しになってしまうのです。

本気で怒ったり、乗せられたり、同情したりと先が思いやられる凜々子なのですが、取り調べのアドバイスを求めた事務次官の相原に「喜怒哀楽が分かりやすい」「被害者にあまり感情移入をしないように」と注意を受けるのです。

そんな凜々子は担当することになったある傷害事件にのめり込んでしまうのです。

建設会社に勤める向井(浅利陽介)は日常的に恩田(石黒賢)からパワハラを受けていた。向井が、上司の恩田から路地裏で暴行を受け、階段から落ち全治2ヶ月の重傷を負い、被害届を出したという傷害事件。

書類を読んだ凜々子は「ひどいパワハラ上司」とまたも感情的になるが、相田に先入観は持たないようにとアドバイを受ける。

実際に取り調べに訪れた恩田は穏やかでパワハラや暴力を振るう人には見えない。「暴行なんてしていません。注意した向井に逆に自分が殴られそうになった。」と容疑を否認する恩田。一緒にいた同僚の田中(六角慎司)も恩田と同じ証言をする。誠実そうに見える恩田の言うことを信じ始める凜々子。

感情的になる凜々子に見ているこっちもハラハラしますね。

ひっきー

突っ走る凜々子は検事に向いてる?

翌日、凜々子と相原は入院中の向井を訪れます。

向井の証言は被害届の調書通り、恩田から日常的なパワハラを受けていると主張します。

そのきっかけとなったのが、取引先の業者を恩田の一存で決めたことに対し、意見をした向井に対し、パワハラ、いじめが始まったと言います。

日常的なパワハラの話、事件当日の話を向井から聞いた凜々子は向井が主張していることを信じると向井と彼の奥さんの前で言い切ってしまった凜々子。

「向井さん嘘ついてませんよね。」と言い放つ凜々子は

「それは検事の感想ですよね。軽率な発言は避けてください。」と相原に言われます。

検事らしくない、思ったことをすぐに言ってしまう凜々子にほんとハラハラします。

感情的になる凜々子は、恩田を起訴すると言い出します。

「被害者の証言を信じているだけで、それは検事の仕事ではない。証拠がない。」と大塚に言われてしまいます。

証拠がない以上、不起訴にすることを勧められる凜々子。確実に有罪だと思っても証拠不十分だと起訴できないと言われる凜々子は目に涙を溜めながら

「じゃあ、正義って何ですか。」と言います。

そんな凜々子に支部長の梅宮は「検事の仕事とは何か?」と問います。

「法と証拠に照らして、罰すべき者を罰することです。」と答える凜々子。

「罰すべきでない者を罰しないこと。」と梅宮は続けます。

被害者だけでなく、起訴された被疑者の今後の生活も考え、起訴するべき十分な証拠がない限り、起訴することを認めないと梅宮に言われ、自分は検事に向いてないのではないかと凹んでしまう凜々子なのでした。

温かい凜々子の家族

豆腐屋を営む凜々子の家族は、父(生瀬勝久)、母(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)の4人家族です。

明るく温かい家族は、まっすぐな「融通利かん坊」の凜々子に振り回されながらも、「正義の味方」になりたいと言い、検事になった凜々子を応援しています。

検事に向いていないのではないかと凹む凜々子に父の浩一は「融通利かん坊」の凜々子にしかできないことがあるのではないかと励まします。

竹村家を見ていると、凜々子がなぜこんなにも真っ直ぐな人間になったのかが分かりますね。

凜々子に振り回される港南支部

父に励まされ、向井の妻の話を聞き、どうしても諦めきれない凜々子は、1日だけ時間を下さいと先輩検事の大塚と徳永に頭を下げます。

自分が処理しなければいけない他の事件を処理してほしいと頼み込む凜々子に大塚は意外にも承諾します。

起訴できるだけの証拠を集め始める凜々子に一番振り回されているのは相原ですよね。

検事が足を使って、事件を調べるというドラマ、木村拓哉主演の「HERO」に似てるなぁと思いながら見ていましたが、凜々子と久利生(木村拓哉)の大きな違いは、行き当たりばったりで先が見えていないというところですね。

新人検事の凜々子が行き当たりばったりながらも、弱い者や被害にあった人のために必死に走り回る凜々子をハラハラさせながらも応援したくなってきますね。

みんなの協力で事件は解決へ

現場付近に防犯カメラが設置されていなかったため、向井の主張が証明されることが難しかったのですが、現場付近を調べていると、あることに気づきます。

乗客を待っているタクシーに設置されているドライブレコダーを証拠として提示できるのではないかと気付く凜々子と相田は、都内のタクシー会社を回ります。

光が見えてきた状況に相田も前向きになってきます。根気強く探す2人はとうとう証拠となる映像を見つけます。

同僚の田中が何故、頑なに嘘の証言を突き通そうとしていたのかが気になっていた凜々子ですが、そこにまた新たの証拠を見つけてくれたのが、先輩検事大塚でした。

恩田と田中は取引先から不正に裏金を受け取っていたのです。向井がそれに気付きそうになったため、恩田は向井にパワハラ、いじめをし始めたのです。同じように裏金を受け取っていた田中は嘘の証言をしていたのです。

向井への暴行を改めて認めさせようとした凜々子に恩田は

「そんなことはもうどうだっていいだろう!そんな簡単に治る傷と私の人生を一緒にするな!」

と言いかけました。そんな恩田に凜々子はまた感情的になり

「そんなことではないです!あなたは何も罪ない向井さんを深く深く傷つけたのです!向井さんだけじゃない、ご家族の心もです。それをそんなことで済ませないで下さい。」

と言い放つのです。相田はそんな凜々子を止めることなく見守っていました。

まとめ

真っ直ぐすぎる凜々子にハラハラしますが、先輩検事や事務官たちが凜々子に振り回されながらも、「正義」とはと考えていくのでしょうか。

向井夫妻に「正義の味方」だと言われた凜々子は「私なんかまだ正義のセの字も分からないひよっ子ですから」と言うラストシーン。

「正義のセ」はそう言う意味なんですね。

次回、凜々子が担当する事件は「殺人事件」だそうです。

感情的で融通利かん坊で、真っ直ぐすぎる凜々子とそれに振り回される港南支部のメンバーに来週も目が離せませんね。

▼正義のセの動画を無料&高画質で見たい方はこちら▼

huluは2週間以内に退会すれば追加料金は一切ありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です