ブラックペアン1話のあらすじとラストまでネタバレ感想!最後は手術失敗する?

 

 

4月22日に1話が放送されたTBS日曜ドラマ「ブラックペアン」

主演は嵐の二宮和也さん、他に朝ドラ「わろてんか」のヒロイン、葵わかなさん、陸王でマラソン選手を演じた竹内涼真さん、ベテラン勢に内野聖陽さん、市川猿之助さん、小泉孝太郎さんらが出演されています。

ドラマ「ブラックペアン」は大学付属病院が舞台となり、二宮和也さんが演じるのは「オペ室の悪魔」と称される天才外科医です。

凛子

今回の記事では、TBS日曜ドラマ「ブラックペアン」1話のあらすじとネタバレ感想をまとめてみました。

 

 

1話のあらすじとネタバレ感想

天才外科医「渡海征司郎」とは?

二宮和也さん演じる「渡海征司郎(とかい せいしろう)」とは、このドラマの舞台となる東海地方にある東城大学医学部付属病院の天才外科医である。

渡海が天才と称されているのは、医局の中であり、彼は「オペ室の悪魔」という異名を持つ人物でもあった。その「悪魔」とは、本当に悪魔だった。

東城大学で誰もが認める世界的にも有名な外科医が「佐伯清剛(内野聖陽)」です。佐伯は神の手を持つと言われ、世界的権威の外科医です。

佐伯は日本外科学会の理事長を目指しているが、その佐伯のライバルと言われている人物が帝華大学病院の「西崎啓介(市川猿之助)」です。

その日は帝華大学病院から西崎と高階(小泉孝太郎)が佐伯の手術を見に来ていました。

注目されていたのは、世界に類を見ない術式「佐伯式」である。

心臓を動かしたまま手術をするのである。それも素早く、100分の1も狂いなく心臓の手術をすることできるまさに「天才外科医」です。

そんな注目されている手術の中、別の佐伯の担当患者で明日心臓の手術を予定していた患者が急変し、緊急手術が必要となりました。

佐伯が取った行動は、別室で行われている手術を自分がいる手術室にあるモニターに写し、指示をするという方法でした。

手が離せない佐伯に代わり、執刀を任されたのは横山(岡田浩暉)でした。

しかし、うまくいったと思われた処置が原因不明の出血が止まらないという事態になります。

このままでは佐伯が来る前に患者を死なせてしまうという最悪な事態が想定されたその時、登場したのが渡海でした。

渡海は今までにない天才外科医キャラです。姿勢が悪く、人の足元を見て、患者を助ける代わりに高額なお金を要求する倫理も何もない天才外科医、渡海であります。

その時、横山が渡海に要求された金額は1,000万円、横山がこの病院を辞めて入ってくる退職金を渡すように要求する。「1,000万でもみ消してやるよ。

辞表書けよ。お前の退職金1,000万でもみ消してやるよ」と横山に迫ります。

どうしようもない横山は渡海に「頼むから助けてくれ」と懇願することになるのです。

渡海は見事な技術で難なく手術を成功させます。

それも、佐伯しかできないと言われている「佐伯式」での手術成功でした。

横山と渡海の一部始終を見ていたのが帝華大学病院から佐伯の手術の見学に来ていは高階であります。

横山が東城大学病院からいなくなり、横山の代わりに研修医の世良(竹内涼真)の指導医となったのが渡海だったのです。渡海がついた研修はもれなく全員辞めているという噂があるようです。

渡海は謎めいた人物です。闇はありますが、何故か母親と電話で話すときは普通の息子だったのです。亡くなった父親の話になると少し顔が曇った様子が見えました。

そして、不思議なのは、これだけ天才的な腕を持っている渡海ですが、何故か佐伯への信頼が厚く、佐伯のために働いているように見えます。

佐伯も渡海にこう言うのです。「本当にお前は私によく貢献している」2人の関係はどうなんでしょうか。

渡海の謎はまだまだ解けません。徐々に見えてくるのでしょう。

ブラックペアンとは?

ペアンとは、止血用鉗子のことであり、普通のペアンはシルバーであるが、ブラックペアンとは黒いペアンのことである。

佐伯が持っている道具の中にブラックペアンがあり、手術の一番最後に「成功/終了」という意味で最後にブラックペアンを使っているのです。

そのため、手術で佐伯がブラックペアンを手にすると「手術成功」を意味することになるのです。このブラックペアンにも何かストーリーがあるようです。

佐伯式に変わるスナイプとは?

帝華大学病院から新任講師として来た高階は、佐伯式は誰でもできるわけではない、誰でもできる特別な技術を必要としないのが「スナイプ」と言います。

スナイプは高階がアメリカから日本に持って来たのです。

高階は東城大学病院にスナイプを導入し、帝華大学病院の西崎の日本外科学会の理事選に有利に働くようにもっていく戦略なのです。

世良と渡海が担当する患者であり、佐伯が執刀予定だった皆川妙子(山村紅葉)に対し、高階はスナイプが最適だと言い、執刀医を代わってほしいと申し出ます。

身寄りのない皆川は手術に対して前向きに考えられずにいましたが、世良が皆川に寄り添うことにより、世良に心を開いていきます。

高階のスナイプ手術の承諾にも渋っていたが、世良の一言で手術を受けることを決意します。

スナイプを使うことを反対する渡海は、手術中に自分が執刀医を代わることがあれば、高階に辞めてもらうよう提案します。

高階はその申し出を受け入れるが、受け入れる代わりにスカイプ手術が成功すれば渡海に病院を辞めてもらうと提案します。渡海はその申し出を承諾します。

手術当日には日本外科ジャーナルの編集長、池永英人とまた帝華大学病院の西崎が見学に訪れます。

渡海は手術に現れず、渡海の部屋と化していた仮眠室で寝ていました。

そして、渡海は英語で書かれたある論文を手にしました。

そこには、スナイプでの死亡事故があることが書かれていました。

渡海はその論文を盾にスナイプ手術を止めるように高階を詰めるが、佐伯は渡海を制し、高階にスナイプ手術を進めるように言うのです。

高階のスナイプ手術は成功に終わります。

成功したはずのスナイプ手術に急展開?

スナイプ手術が成功したということは、渡海は東城大学病院を去らなくてはならないのですが、渡海はその必要はないと言います。

「もうすぐあのばあさんは死んじまうということだ」

と世良に話している時に、皆川は病室で急変するのです。その理由が腹部にあるというのです。

渡海はそれに気付いており、スナイプ手術に反対していました。しかし高階は腹部の疾患を見落としていたのです。

どうすることもできない高階に渡海は横山と同じように高階の退職金で助けてやると提案する。

それを受け入れない高階を見捨て、手術室を出ようとした渡海に世良は、土下座をして頼み込みます。

自分がお金を払うから助けてほしいと…。

皆川の手術を成功させた渡海は世良に「1億な!」と言います。「払い終えるまでお前はここで俺のために一生働け!」と言い放つのです。

凛子

あ〜〜〜!怖すぎますよ。ニノさん!

腹部の疾患に気付いてたのは渡海だけでなく、佐伯もその疾患に気付いていたのです。高階が手術を失敗することを知っていて、佐伯はスナイプ手術の執刀を許可したのです。恐ろしいですね…。

まとめ

今までの天才外科医とは全く違うキャラの渡海。大きな大きな闇を抱えているようですが、母親と話すときの姿は普通の青年です。

 

彼が抱えている闇とは?また、佐伯のために尽くす理由とは?

大学病院が渦巻く闇に世良はどう生き抜いていくでしょうか。

 

しかし、ニノが怖い…。さすが日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞した日本代表する俳優さんですね。

「ブラックペアン」2話の放送も楽しみです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です