デイジーラック2話のあらすじとネタバレ感想!3話の展開予想もチェック!

 

こちらの記事では、「デイジー・ラック」第1話(初回)のあらすじとネタバレについて紹介します。

小学校5年生からの幼なじみ4人、楓・えみちゃん・薫・ミチルその頃に結成した「ひなぎく会」をえみちゃんの結婚式をきっかけに再開させる事になります。

29歳、それぞれの思いを胸に幸福な人生を送るためにもがいて笑って泣いて、友情・恋愛すべてにささやかな幸せがありますように。

29歳ってやっぱり特別な年なのかもしれないよね。

ひっきー

凛子

特に独身だと、これからの自分結婚するの?しないで頑張るの?と考えてしまいそう。

>原作デイジーラック見るならこちら

 

▼デイジーラックを今すぐ視聴したい方はこちら▼

31日間無料トライアル(600P使用)で2話分視聴できるよ

「デイジー・ラック2話」あらすじとネタバレ

昔の恋にすがりつく

30歳を目前にして、付き合っていた彼氏にもフラれ会社は倒産。今まで築き上げてきたものをすべて失った楓(佐々木希)は、絶望の淵にいました。

自分に残されたものは何かと考え、自分はパンと接していると幸せを感じられる

パン職人しかないと思い北村ベーカリーで働かせてもらう事になりました。

仕事は、思っていたよりも厳しくきつく少し早まったかなと思いつつも充実した日々を過ごしていました。

ただ、ヨーロッパで3年の修業を終えて北村ベーカリーに帰ってきた安芸開人(鈴木伸之)の厳しさだけはこたえていました。

そこに、分かれた元恋人の浩太(浅香航大)から時間あるかと連絡が来て夜会う事になりました。もしかしてヨリを戻すのかもとウキウキしてしまう楓でしたが、浩太はただ荷物を返しに来ただけでした。

あっさり帰ろうとする浩太に「やだ、やっぱり別れたくない。悪い所直すから」とすがってしまいます。バッサリと「そういう所が重荷なんだよ」と切り捨てられて、このままじゃいけない。私は30歳までに何かを手に入れるんだからと改めて誓うのでした。

すがりつきたくなっちゃう気持ちわかるな。

ひっきー

凛子

でも、それでヨリが戻ってもいい事あまりなさそう。

大きな仕事を任されて

https://twitter.com/renn_k0202/status/989863686197002240

薫(夏菜)は、会社のプロジェクトで新規出店を任される事になりました。

初めての大きな仕事で喜びを隠し切れません。年下の彼氏真司(桝俊太郎)に連絡をしても繋がりません。

仕方なく1人で昼間からシャンパンで「頑張れ自分、乾杯」と祝杯をあげます。

そこにお店が混んできて相席をお願いされ、通された男がなかなかのイケメン。ついつい気持ちが大きくなりべらべらと話してしまい相手を引かせてしまいます。

凛子

真司って、遊んでそうじゃない?
27歳でどうして学生なんだっけ。

ひっきー

幸せのはずなのに

えみちゃん(徳永えり)は、結婚してから旦那の帰りが遅いのと出張が多くて寂しい思いをしています。夫の事を思い毎日素敵なディナーを作って帰りを待ちますが、それが無駄になる事もあり悶々とした日々を過ごしています。

唯一の心の救いはSNSでディナーをUPし、みんなから「いいね」をたくさんもらって自分の心を満たしているのでした。

そんなある日、出張帰りで久しぶりに夫に会うのでいつも以上に気合を入れディナーを作ったのですが、帰りが遅くなる上にご飯はいらないと連絡は入ります。

落ち込むえみちゃんは、「ひなぎく会」に集合をかけます。豪華ディナーに喜ぶ姿を見て、えみちゃんの気持ちも少し落ち着くのでした。

楓は、元カレにすがってしまったと話したりたわいもない話で盛り上がります。

凛子

えみちゃんが作るご飯、本当に美味しそう。
あんな素敵な料理があったら、僕ならまっすく家に帰ります。

ひっきー

日給5万円の仕事

開店休業状態のミチル(中川翔子)は、バッグの注文が入らす極貧状態になっていました。

何かとミチルを気に掛ける薫の実弟貴大(磯村優斗)が、そんなミチルにバッグの注文を持ってきます。いもしない彼女に上げる為だというのです。

ミチルは自分の為に貴大が注文をいれてくれているのが分かり受注を受けませんでした。営業に行くしかないと、店舗を回っているとティッシュ配りで「日給5万円」のチラシが目に入ります。お金に釣られて話を聞くと、想像していたよりもヤバイ仕事だったみたいで尻込みしてしまいます。それを見守る貴大がいました。

ひなぎく会でも言われてたけど、2人がくっつくってのもいいよね。

ひっきー

パン職人への気持ち

楓は、同じ職場で教育係の安芸開人(鈴木伸之)に相変わらず冷たくされています。理由が分からず落ち込んでいると、同僚が教えてくれました。

これまで安芸が教えてきた新人が、パン職人の仕事がきつすぎて辞めて行ってしまうから過剰な期待をさせないようにしているのではないかと。

そんな中、店を休業してワイン会ようのパンを受注しました。店全員で力を合わせて大量の注文をこなしていましたが、楓がパンを焦がしてしまうという失敗をします。

何とか失敗をカバーしてもらい、ワイン会までにパンの制作を間に合わす事が出来ましたが、安芸からは見放されてしまいます。

帰宅途中に鍵を忘れて店に戻ると、安芸が残っていました。思わず、思いのたけをぶつけてしまうのでした。「パンが好きなだけでパン職人目指しちゃだめですか」と。

言いすぎた感と思ったその時、開人が倒れてしまいます。熱があるようで寝かして看病をしていると、楓の手を握り「リエコ」と開人がつぶやくのでした。

翌朝目覚めると、のどにネギを巻かれていた自分に安芸は驚きますが楓がやってくれたと知ります。

ネギを首に巻くっていつの時代なんだー。

ひっきー

凛子

私、巻いてましたけど。

それぞれの疑惑と距離

やっと帰ってきたえみちゃんの旦那・隆(長谷川朝晴)に抱き着くと、なぜか石鹸の香りがします。

薫は、ホテルで真司と会っていると初めて行ったホテルなのに「ここピザが多いんだよね」と言います。電話も鳴っているのに出ないしと気になるのでした。

楓は、休みの日にパン屋めぐりをしていると開人と偶然会います。一緒にパンを食べて話をしている内に開人が笑顔をみせてくれました。今までよりも少し距離が縮まりいい雰囲気になっていました。

ある日、北村ベーカリーに安芸がうわ言でつぶやいた「リエコ(芦名星)」が訪ねて来ます。リエコの登場に驚く安芸でした。

ついに登場リエコ。

ひっきー

凛子

やっぱり美人だね。

まとめと3話の展開予想

えみちゃんと薫の相手に浮気疑惑があったりと、気になりますよね。特にえみちゃんは新婚ホヤホヤなのにどうして。。

薫も1人で祝杯をあげた時に相席をしたイケメン大和孝一郎(桐山漣)が、実は出店の場所をめぐってのライバル社「オルガール」のかなりのやり手社員だと分かったりと、少しずつ動き始めましたね。

楓は、今の所安芸の事は師匠って思ってるみたいだね。

ひっきー

凛子

でも、いい雰囲気が出てるよね。2人。
リエコ登場してどうなるんだろうね。

ひっきー

次週の3話は、えみちゃんは夫に疑心暗鬼になってしまい、薫は恋人に振り回されて大事な仕事に影響が出そうです。

安芸と楓は、パン作りを一緒にやるようですが。。そこにリエコが絡んで来そうです。

早く続きがみたいです。

>原作デイジーラック見るならこちら

 

▼デイジーラックを今すぐ視聴したい方はこちら▼

31日間無料トライアル(600P使用)で2話分視聴できるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です