ヘッドハンター3話のあらすじとネタバレ感想!ゲストは若村麻由美!

凛子

今回のターゲットはバブル時代を力強く生きた女性・熊谷瑤子(若村麻由美)

大手総合商社・三光物産で女性総合職第一号として部長まで登り詰めたアイデアウーマンです。

そんな彼女vsヘッドハンターの第3話のネタバレあらすじをお送りします。

ひっきー

 

▼今すぐヘッドハンターの動画を無料で見たい方はこちら▼

登録月は月額費用がかかりません

天秤にかける女

あなたの値段知りたいと思いませんか?

いつも通りそれ以降口を開かないヘッドハンターの黒澤和樹(江口洋介)だったが、

”転職の話があると誘い出しておきながら自分からは口を開かない。”

”堪りかねた相手が口を開くのを待ち、心理的に優位に立つ。”

熊谷は、あっさりと黒澤のやり口を見抜いてしまった。

凛子

あっ、そういう理由だったのね。スッキリした!

そして転職先の名前を言わない黒澤を、のらりくらりとかわしさっさと席を立ってしまった。

そのまま赤城京子(小池栄子)の席に座る。

赤城は素直にクライアント名を言い、純粋に熊谷を誘う。

凛子

熊谷の第一印象は赤城かしらね?

夜、熊谷から誘いの連絡が入った。

黒澤はクライアント名を告げ、熊谷の企画力、女性ならではの発信力を求めていると伝えた。

年俸2,000万、3年後には管理職のポジションも検討する。

そこに豚肉のメニューが出てくるが、熊谷は豚肉アレルギーだと言って手を付けなかった。

そして部下の江上を呼び、年俸4,000万はないと話にならないと言って帰っていった。

https://twitter.com/Biz_headhunter/status/990453972807729152

彼女に惚れるヘッドハンター達

後日、黒澤は聞きたいことがあると言って、熊谷の部下の江上を呼び出した。

その一方で「あの女には気をつけろ」という謎のメールが黒澤と赤城の元に届く。

黒澤は眞城(平山浩行)を使い、謎のメールの差出人や赤城のクライアント名を調べ、その会社の内情を調べていた。

女性管理職として引き抜こうとしているが、実は「お飾り」だと。

そしてそれは事実だった。

赤城は熊谷に謝罪し、別のクライアントを探すと約束する。

https://twitter.com/Biz_headhunter/status/990075316927254529

黒澤は自分のクライアントに”彼女は得難い人材で、彼女を獲得する事はイメージアップに繋がる”と売り込んでいた。

何度も通い、とうとう”前向きに検討する”と言わせた。

年棒4,000万?まじかっ

ひっきー

必死に熊谷を売り込んだ赤城は、さらに良い条件の転職話を持っていった。

なんでそんなに必死になるのか熊谷が問いただすと

”黒澤を叩きのめしたいから”と赤城は素直に答えた。

その言葉に熊谷は、クライアントに会ってみると言い出した。

気にしてるのって赤城の方だけな気がする。

ひっきー

赤城の元にまたしても謎のメールが届いた。

今度は「あの女の真実」が書かれている。

その内容が気になった赤城は眞城に調査を依頼する。

熊谷は当時の三光物産の上司と、不倫をして大事になった過去があった。

新しいクライアントにとっては不倫ネタは致命的。

赤城は”お力になれず申し訳ございません”と言って断った。

良いところでメールを送ってくる人物が気になるね。

ひっきー

自信に満ちた女のハズだった

黒澤は熊谷を呼び出した。

”転職の件はなかった事にして下さい。”

黒澤までも断った。

しかし理由は謎のメールではない。

前に豚肉アレルギーだと言った熊谷の発言が気になって調べた所、今までの企画は全て部下の江上のアイデアだった事がわかったと。

クライアントの希望はアイデア・企画力のある管理職だったので江上を推薦したと。

最初はクライアントも江上の事を若すぎると言い、江上も自信がないと言っていたが、どちらも黒澤が説き伏せて、結果的にオファーレターを交わすところまでいっていた。

”あなたは今回、クライアントが求める人ではなかった”

更に黒澤は話を続ける。

”謎のメールを出したのはあなたですね”

転職して、本当は自分にアイデアも企画力もないことがバレるのを恐れたのだと。

凛子

あんなに自信に満ちているように見えたのに、人は見かけによらぬものね。

熊谷はアイデアを部下から奪っていた事が噂で伝わり、左遷された

閉鎖されるマレーシア工場の後処理で、旅立とうとしていた。

見送りに行った黒澤は、

”あなたには事業を進める推進力も、部をまとめるリーダーシップもある。女性管理職にふさわしい人材です。”

”あなたは自分が思っている以上に出来る人です、もっと自分に自信を持つべきだ”

そう励ました。

いや、本当の事を言ったのだ。

本当は部下からアイデアを盗んだんじゃなく、最初は熊谷の実行力で部下のアイデアを具現化してやってたのでは?

と。

次回予告

https://twitter.com/Biz_headhunter/status/991128344602206208

老舗旅館の後継者探しにヘッドハンター・黒澤(江口洋介)が奔走!
ある温泉地の老舗旅館「松葉楼」の大旦那・松原善三に伊武雅刀

息子たちと絶縁状態であることから、新たな後継者を探してほしいとの依頼を受けた黒澤だったが、芳しくない経営状況、赤城響子(小池栄子)の横やりも入り、候補者選びに苦戦する。最終的に黒澤がヘッドハントする意外な人物とは!?

5月7日(月)よる10時!お楽しみに。

 

▼今すぐヘッドハンターの動画を無料で見たい方はこちら▼

登録月は月額費用がかかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です