コンフィデンスJP4話のあらすじとネタバレ感想!ゲストは佐野史郎で下手な演技が上手すぎ?

▼今すぐコンフィデンスマンJP全話を無料で見たい方はこちら▼

Amazonアカウントを使って1ヶ月無料お試しに登録

 

凛子

こちらの記事では、「コンフィデンスJP」第4話のあらすじとネタバレについて紹介します。

映画とは、国と国の垣根をなくすこと。

映画とは、世界の言葉を持っている事

映画とは、みんなが観るもの

映画とは、人間を知る事     淀川長治

 

▼今すぐコンフィデンスマンJP全話を無料で見たい方はこちら▼

Amazonアカウントを使って1ヶ月無料お試しに登録

 

4話のあらすじとネタバレ感想

食品偽装の告発

宮下正也(近藤公園)は、うなぎのカレー風味で有名な俵屋フーズで工場長として働いています。

真面目に働いて家族思いな宮下でしたが、自分が働く工場で「食品偽装」をしている事が許せずにいます。

社長の俵屋勤(佐野史郎)にちゃんと公表しましょうと直談判をしますが、かわされてしまします。

挙句、工場長の職を解かれ社員寮の管理人に左遷させられます。

やり切れず飲み歩いていいると、若者に絡まれてしまいます。そこをダー子(長澤まさみ)が通りかかり、宮下が破り捨てた手紙を拾い俵屋フーズの食品偽装を知ってしまいます。

「いいオサカナちゃん、みーつけた」と次のターゲットを俵屋勤に絞ります。

映画マニアを釣る為に

俵屋勤は、大の映画好きでもはやマニアの域に達していました。

そこを利用して裏金を引っ張り出そうとするダー子・リチャード(小日向文世)・ボクちゃん(東出昌大)でした。

そうして映画の事を徹底的に勉強する事3ヵ月。

宮下は、社長に屈し工場長に返り咲いていました。

マリリンモンローは本当に自殺だttなおか、ハリウッド映画は人類を洗脳したのかコンフィデンスマンの世界にようこそ。

今日のコスプレ!長澤まさみさんのマリリンモンロー色っぽい

ひっきー

凛子

本当に綺麗だよね。スタイルも抜群すぎるっ

作戦開始まずは仕込みから

映画好きの俵屋勤(佐野史郎)は、毎月定期購読で「月刊キネマ新報」を読んでいます。

ダー子達で偽のキネマ新報を作り上げて、本物とすり替えて俵屋に届けます。そこには、映画人を支えた喫茶店があると特集されていました。

俵屋は、その特集を読んでその喫茶店に行ってみることにします。

特集されていた「スワンソン」という喫茶店には、マニアなら泣いて喜ぶような品々が飾られていました。

もちろん、そこのオーナーはダー子です。そして映画界のプロデューサーと新人監督を演じてリチャードとボクちゃんが入ってきます。

https://twitter.com/confidencemanJP/status/989069862214488064

新しく作る映画の事を話しました。カウンターに座ってその聞き耳を立てる俵屋でしたが、2人が帰った後に台本が落ちているのを見つけます。
思わず拾って欲しさあまりに隠してしまいますが、2人が台本を探して戻ってくると「これですか?」と渡します。

リチャードとボクちゃんは、言葉巧みに台本を読ませ、資金があと3億たりないと訴えます。自由になるお金はあるはずなのに財布のヒモは固く出資を断られてしまいます。

映画製作所に連れて行ったのに

東進映画撮影所に俵屋を連れて行くリチャードとボクちゃん。堂々と関係者のフリをしてズンズンと入って行きます。あまりにも堂々としているので誰も引き止める人がいません。

初めて入る撮影所に大興奮の俵屋に、主演女優が降板してスポンサーも一緒に降りてしまったので資金が足りないという演技を五十嵐(小手伸也)も加わり俵屋を落としにかかりますが、やっぱり出資はしないというのです。

俵屋は、映画界に憧れが強すぎてその世界に自分ごときが足を踏み入れてはいけないと考えているようでした。

凛子

なんか、分かる。ずっと憧れていた人が目の前に来たらって考えるとね。
手とか震えちゃうよね。

ひっきー

凛子

伊吹吾郎さーんのおとぼけ演技いいよね。大物なのにさすがって感じです。

https://twitter.com/confidencemanJP/status/991258472757870592

ダー子、ハニートラップに挑戦

もう、仕方ない!とダー子がお色気作戦をやると言い出します。

俵屋は、離婚を2回しているからきっと女好きだろうというのです。

ボクちゃんは、ただのエロばばぁになるからやめろというのですが今回は絶対に大丈夫というのでそのままハニートラップを決行する事にします。

俵屋の愛読書「月刊キネマ新報」に中国の国民的スター女優マギーリンを登場させます。

もちろんダー子です。

凛子

このマギーリンに扮した長澤まさみさん、すっごくすっごく綺麗だった。
思わず、画面停止ボタン押したくなるぐらいだったな。

ひっきー

やっと釣れた

喫茶店スワンソンで、リチャードとボクちゃんがマギーリンは惚れっぽくて出資者とできてしまうという事が多々あると話しています。リチャードとボクちゃんが作る映画の主演をする事が決定するというのです。

来日する日、多くのファンに囲まれて(もちろんエキストラ)登場するマギーリンにすっかり惚れてしまった俵屋は、やっと出資すると申し出ます。

3億円と引き換えに

https://twitter.com/confidencemanJP/status/990938504078086144

3億円を振り込む前に、相談があると切りだします。

条件・・というか出資する以上、自分が納得できる作品にしたいと言い、脚本のほとんどにダメ出しをします。今まで大人しい子猫ちゃんだった俵屋が、ライオンに変身します。

タイトルも変更、セリフも決める、絵コンテも書いてくる。すべて仕切ってきます。

最終的に、自分を出演させろという事になり本格映画さながらの撮影をする事になります。

これって、俵屋の夢を叶えてあげてるだけだよねってボクちゃんが言ってたね。

今回も大がかりだけど、もうけはあるのかしら。

憧れのレッドカーペット

本番さながらの撮影も終わり、俵屋は代償を求めてきます。もちろんマギーリンと過ごす一夜・・と思いきや本当の狙いはボクちゃんでした。

凛子

え!そっち?
じゃあ、結局ダー子のハニートラップは失敗ってことなのかなぁ。

ひっきー

そうして出来た「立ちあげれ!つわものども」の完成披露試写会が行われました。

最初に出てきたのは、工場長の宮下でした。食品偽装を告発します。

そして、自分が出演した場面と絶妙の賭け具合で映画が進みます。

暴かれた俵屋の悪事を社員が一緒に見ています。

映画が終わり、明るくなるとダー子達の姿はありませんでした。まんまと俵屋から3億円をちょうだいしたダー子達でした。

まとめと5話の展開予想

今回ダー子達は、悪事を裁くお代官様的な感じでしたね。

結局3億せしめても、赤字という大掛かりな計画になってしまいましたけどね。

凛子

ダー子とマギーリンの差に驚きました。ハニートラップは失敗に終わってしまったようですけどね。

来週の5話は、スーパードクターの話です。かたせ梨乃演じる医師が、自分の息子の知名度を上げる為にあたかも息子(永井大)が手術をしたかのようにでっちあげるという話です。

今度は、一体どんなコンフィデンスが行われるのでしょうか。

最近は最初の回に比べて騙し方が、簡単?というか拍子抜けな感じも少しあるので最初の頃に感じたような驚きがあるといいなと思うのでした。

 

▼今すぐコンフィデンスマンJP全話を無料で見たい方はこちら▼

Amazonアカウントを使って1ヶ月無料お試しに登録

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です