花のち晴れ3話あらすじとネタバレ感想!ゲストは花沢類(小栗旬)!

 

 

こちらの記事では「花のち晴れ~花男Next Season~」3話のあらすじとネタバレ感想について紹介していきます。

凛子

愛莉(今田美桜)の差し金で、音(杉咲花)が庶民だという事が全校にバレてしまいます。

音は晴(平野柴耀)がやったと思い込みます。C5の面々は庶民狩りに例外はないtと音を許すつもりはありません。

晴の事を少し信じて来ていた音でしたが、やりきれない気持ちで英徳学園を出るのでした。

ひっきー

 

 

3話のあらすじとネタバレ感想

愛莉の怒り

音が、晴の周りをうろつくのが許せない愛莉は徹底的にやるように手下に言い渡します。

C5の他のメンバーはやり過ぎじゃないかと思うのですが、愛莉は一歩も引きません。

問題はそこじゃなくない?こんなボロボロの家に住んでる人が英徳に通ってる方が問題だよ冷たく言います。

庶民狩りに例外はない、音の庶民狩りが始まるのでした。

天馬との婚約

その頃音は、天馬の母・美代子(堀内敬子)のお墓にいました。

美代子との約束だったずっと天馬のそばにいるというのが守れそうもないとお墓に語り掛けます。天馬との婚約を継続するには18歳まで英徳学園に通うというのが、天馬の継母・利恵(高岡早紀)との約束だったからです。

お墓参りの帰りに天馬の自宅に寄り、詳しい理由は言えないけれど英徳を辞める事になったと伝えます。

だからもう、遺言に縛られる事なく自由に生きてねと言うと「うん、分かった」と引き止める事もせずに受け入れる天馬でした。

ちょっとは引き止めてくれるかと思ったけど、何も言わなかったね。

ひっきー

凛子

でも、顔はひきつってたから何か思う事があったのかな。
それにしても継母の利恵は2人を別れさせたいのが顔に出すぎ!

ひっきー

ついに英徳学園追放

https://twitter.com/loveRyouske0923/status/991325429289005056

音は、覚悟を決め退学届けを持って翌日学校に行きました。

すると、愛莉の手下達が待ち構えていたように音を取り囲みます。

罵声を浴び、生卵をかけられ「正座してみんなに謝れ」と言われます。音は言われた通りにしようとしたのですが、ヒートアップした生徒が金属バッドを持ち出します。

晴も外の騒ぎに気が付き、音を助けに行きます。

バットで殴られそうになったその瞬間、音を助けたのは天馬でした。別れを切り出した時に引き止めもしなかったのに。

実は天馬は、寄付金が払えない音に代わり5000万円の寄付金を英徳学園に支払ったのでした。自由にしていいよと言われたから自由にしたよとさらっという天馬(中川大志)に音はただただ見つめるだけしかできませんでした。

凛子

天馬はーん、かっこよすぎです。ちょっと涙出ましたよ。
さらっと人を思いやる事が出来る人は本当に素晴らしい。

ひっきー

うそでしょー!類様登場

天馬に、これが英徳学園のお前のやり方か。最低だなと言われ腑に落ちない晴は1人になれる場所に移動すると人がいました。

「ここ、君の居場所だった?寝心地良さそうだったからつい」と起き上がった人がなんと、なんとF4の花沢類(小栗旬)でした。

「久しぶりに来たけど、何か雰囲気変わっちゃったね」とつぶやきます。憧れの人が目の前にいる、しかも憧れのF4。

道明寺(松本潤)さんの事をよく知る人に、こんな時どうするのか聞いてみたくなる晴。

「大事なものが分からない時、道明寺さんならどうしてたと思いますか」と聞くと、「分からないけど、司は野生だからそのゴチャっとした中の一番退治な物しか眼中にないんだと思う」と教えてくれました。

一番大切な物・・・そこに晴が思い浮かべたのは音でした。

天馬への気持ち

生徒たちによって怪我をしてしまった音は、大事をとって天馬と病院にいました。そこで天馬からこう言われるのです。

親が決めた相手だからとか一度も思ったことないよ。今まで伝えられなくてごめんと。

音はどう思ってる?と不意に聞かれ同じ気持ちなのにそれを言う事ができないのでした。

凛子

天馬に見つめられてそんな事言われたらキュンキュンして抱きつく。
それってどうなの。音はどうして天馬が好きって言わなかったんだろうね。

ひっきー

晴と亜里沙とダブルデート

次の日の夜、コンビニで働いていると偶然を装い晴が来店しました。もちろん音の容体が気になって訪れたのです。

亜里沙(木南晴夏)が唐突に「うちの彼氏と4人でダブルデートしよー♡」と持ち掛けます。たまたま明日は暇だった晴も渋々(かなり喜んで)OKするのでした。

次の日雨の中待ち合わせ場所にいる音と晴は、なかなか来ない亜里沙にしびれをきらしていました。亜里沙と彼氏がくるまでの間バッティングセンターで時間を潰す事にします。

バッティングセンターが初めての晴は、バットにボールを当てる事が出来ません。どうしてもホームランに当てたい晴は何度も何度も繰り返し気づけは夜になっていたのでした。

見かねた音が飲み物の差し入れをすると、まるで別人のようにバットにボールが当たり、ついにホームラン賞をゲットするのでした。

景品は、今大人気モデルのメグリンの抱き枕でした。せっかく取ったホームラン賞をあっさりと欲しがる亜里沙にあげてしまう優しい晴に、音は「そういういい所もあるよね」と言われ喜びMAXになる晴でした。

まとめと4話の展開予想

音がいじめにあっていた時に、晴がかっこよく登場して助けるのかと思ってたら、天馬が入ってきて驚きました。

天馬から好きだと告白されたのに、同じ気持ちと言えなかったのは晴の事が気になってるからですよね。きっと。

3話でうっそーってなったのは、花沢類(小栗旬)が登場した事でした。花より男子・花男をタイムリーに見ていてすごくすごくはまったので、登場した時は目をまん丸くして驚きました。

すごく嬉しい気持ちになりました。本当に花男の続編なのだと実感した瞬間でした。

さて、4話ではまたしても愛莉が暴れますよね。家庭内暴力とも言えそうなぐらい自宅のガラスを割りまくりプールに使用人を突き落とし一体何があったのでしょうか。彼女の心の闇が見えそうですね。

こんなに荒れているに、天敵である音にきちんと謝り「友達になろう」と近づくのは、きっと裏があると思ってしまいます。

次週は、女の戦いになるのでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です