正義のセ4話のあらすじとネタバレ感想!ゲストは白洲迅(しらすじん)

▼今すぐ正義のセの動画を見たい方はこちら▼

huluの2週間トライアルで無料視聴だね♪

 

5月2日に4話が放送された「正義のセ」は、吉高由里子さん主演の新人検事が担当事件を全力で被疑者と被害者に向き合うドラマです。

4話の事件は本当に切ない話だったね〜。

ひっきー

凛子

うんうん。めちゃくちゃ切なかった〜。でも凛々子(吉高由里子)は頑張って向き合ってたね。

 

▼今すぐ正義のセの動画を見たい方はこちら▼

huluの2週間トライアルで無料視聴だね♪

 

4話のあらすじとネタバレ感想

4話の事件はバイクによる死亡事故

4話の事件はバイクによる死亡事故で、被疑者は勝村弘(白洲迅)。

被害者は佐藤忠徳で、妻のフネ(茅島成美)と散歩中に勝村が運転するバイクと衝突し死亡しました。

バイクを運転していた勝村は朝日が眩しく、前方が見えず信号も見えなかったが、

視界に入ったフネが交差点で信号待ちをしているように見えたので交差点をそのまま突っ切ろうとしたが佐藤と衝突してしまったのです。

事情聴取に訪れた勝村は罪を素直に認めているが、凛々子には何を考えているのか分からないと言い、勝村の職場であるレストランを訪ね、勝村の人間性を職場の上司に聞きます。

勝村の上司は勝村が事故を起こしたのは自分の責任でもあると言います。

厨房の従業員が急に2人も辞めてしまい、勝村には厳しいシフトで働いてもらっていたと言います。

上司曰く、勝村は感情が顔に出なく、何を考えているのか周りに伝わりにくいところがあるが、今回の件はとても反省していると言います。

勝村は被害者の佐藤の家を訪ね、お線香をあげさせてほしいと言いますが、フネは聞き入れず、家にあげてもらえなかったと上司が凛々子たちに伝えます。

フネの気持ちを理解した勝村は無理に佐藤の家を訪れず、事故現場に花を供えていると言います。

そんな話をしていると、勝村の同僚たちが凛々子の前に現れ、上司と一緒に勝村の罪を軽くしてほしいと頭を下げられる。

上司や同僚たちからの信頼の厚さや勝村が被害者に対して申し訳ない気持ちを持ち、反省していることを知り、勝村へどういう起訴状を書くべきか悩んでいました。

凛々子は相原と一緒に事故が起こった時間に事故現場を確認しに行きます。

勝村が証言していたことは間違いがないようです。あとは歩行者信号がどうだったかという点に絞られました。

事故現場の交差点に立っていると、犬の散歩をしていた男性に声をかけられます。

そして、その男性が言った言葉に凛々子と相原は耳を疑います。

「あ〜、あの事故。たしか、赤信号を歩行者が渡ってて、はねられたんですよね。」

その男性は、救急車が通るのを見て、隣で信号待ちをしていた学生に声をかけたら、その学生が「赤信号で歩行者が渡ってはねられた」と言うのです。

その学生が着ていたというジャージを手がかりに近隣の大学に目撃者を探しに行きます。

学生の協力もあり、無事、事故を目撃した学生を見つけ出し、事故当日の話を聞くことができました。

そして、その証言は歩行者信号は赤だったということでした。

被害者・被疑者の間で感情が揺れる凛々子

凛々子はフネに再び事情聴取をすることにします。

フネにもう一度、事故があった時、歩行者信号は本当に青だったのかと尋ねます。フネは一貫して歩行者信号は青だったと言い張ります。

そして、凛々子は歩行者信号が赤だったという目撃者の証言があることを伝える。

フネは加害者の肩を持つのかと凛々子を責めます。

凛々子はきちんと勝村にも罰を受けてもらうことは変わらないが、歩行者信号が赤だったのか青だったかによって勝村の刑の重さが変わることを伝える。

しかし、フネは納得がいかず、自分の夫の命を奪った勝村に思い罰を与えてほしいと訴えます。

興奮するフネに凛々子は、被疑者にも人生があり、検事の判断がその後の人生を変えてしまうということを伝えるが、それでもフネは興奮がおさまらず、胸をおさえ、苦しがります。

翌日、フネのことが気になった凛々子は自分の家の豆腐を持って、フネの家を訪れます。

初めは怪訝そうな顔をしていたフネは凛々子の実家が豆腐屋ということを聞くと少し心が開いたような兆しを見せます。

凛々子の父親の豆腐へのこだわりを聞いて、フネは夫のせんべい作りへのこだわりを凛々子に話し出します。

2人が話をしているとフネがまた苦しみ出し、凛々子がフネの背中をさすります。

その時、フネは事故の時も同じように背中をさすられた記憶が蘇ります。

事故の時、フネの背中をさすったのは勝村だったのです。

被害者や被害者遺族にも加害者(被疑者)にもどちらにも人生があり、今回の場合にどちらも同情の余地があると悩んでしまいますよね。

それも凛々子のようにまだまだ半人前の検事は感情に流されてしまうので、感情に流されるまい!

事実をきちんと根拠とした判断を!と分かっていれば分かっているほど揺れてしまいますが、そこは冷静に…冷静に…。

先輩検事と相原に見守られながら判断を出します。

事故の真相は?そして凛々子が出した判断は?

凛々子がフネを訪れた後、フネは事故現場に足を向けます。

そこには、花を供え、手を合わせる勝村の姿がありました。

フネは凛々子に手紙を書きます。そこには、事故時の詳細が書かれていました。

事故の真相はこうでした。

2人で散歩をしていた時、横断歩道を渡ろうとした佐藤夫妻は、歩行者信号が点滅する中、フネの夫だけ横断歩道を渡りました。

フネは胸が苦しくなり横断できずにいると、横断歩道を渡った夫がフネの所へ戻ろうとした時に勝村が運転するバイクにひかれたのです。

その時の歩行者信号は赤でした。

手紙には、事故が起こり救急車が来る間、勝村はフネの夫とフネにできる限りのことをしてくれたと思うとかかれてありました。

そして、なくなった夫なら、「あの若者だって悪気があったわけじゃないんだぞ。

あの人の将来のこともちゃんと考えてやれ。」と言うだろう、なので、勝村をあまり厳しい処分にしないよう遺族としてお願いしたいと記されていたのです。

すごく、すごく苦しい決断ですよね。フネさんすごいですね。

凛々子が出した判断は「略式請求罰金刑」でした。支部長は、人1人の命が奪われている。

そのことを十分に考えての判断だな?」と尋ねられると、凛々子は堂々と判断理由を述べます。

判断理由は、被害者が信号を守っていなかったという過失があること、被疑者の反省の度合いが高いこと、事故後の対応に誠意が見られたこと、

そして、遺族から処分を軽くしてほしいという嘆願書が出されたことである。

「被疑者に同情した?」

という支部長の問いかけに、凛々子は「違います」と言い切ります。

「罪を犯した人に対して、たとえ同情しても心を鬼にして刑罰を与えないといけないのが検事の仕事だと思っています。

でも同時に罪を犯した人をできるだけ早く更生させて社会に復帰させることも検事の仕事だと思います。

勝村弘は更生を期待できると判断しました。」

支部長からは「ご苦労様でした。」と承諾がもらえました。

相原も凛々子を理解し始めている?

フネに会いに行きたいと言ったり、勝村のレストランに出向きたいと言ったりする凛々子に相変わらず毛怪訝な顔をしていましたが、

4話では、ちょいちょい、凛々子に歩み寄ってる?理解始めている?影響されている?というシーンがいくつか見られました。

しかし、現場で目撃者を探している時に、犬と散歩中の男性に大学のジャージを着た学生が目撃しているはずだという情報を得た時、凛々子が「相原さん、その学生探しましょう!」という言葉に、相原は…

「そう来ると思ってました!」と笑顔で答えるのです。

大学の目撃者捜索の時も一生懸命走りながら目撃者を必死に探す凛々子を見て、相原も同じように必死に探すシーンがありました。

あ〜、凛々子に影響されてる〜。と感じましたね。

ドラマ後半、支部長室から戻って来た凛々子に相原は「お疲れ様です」と声をかける。

自分は何もしていない、フネと勝村の間で迷って悩んでいただけで、フネからの手紙に助けられたと言う凛々子に相原はこう言います。

「いいんじゃないですか。検事がたくさん悩んだ。呆れるほど悩んだ。

その思いが少なくともフネさんには届いたんじゃないんでしょうか。」

優しい〜。優しすぎる相原さん。

でも、ちゃんと小姑の役もしっかりと果たしますね。

「でも今回だけです。いつもこんな風に悩まれては一向に仕事が進みません。」と言う相原に凛々子は素直に「はい、頑張ります。」と応えます。

「でも、約束はできません。」と言う凛々子に「約束なんてしなくていいですよー。どうせ守れないんだから。」と相変わらずの小言をチクリ。

相変わらずの相原さんにホッとします。

まとめ

被害者遺族のフネと被疑者の勝村が良い関係になったのも凛々子が真っ直ぐに事件と向き合った結果と言えます。

そのまま勝村を起訴していたらフネは勝村に憎しみしか残らず前へ進むことができなかったかもしれませんね。

そして、竹村家にも新しい展開が…。

凛々子が帰宅すると、妹の温子(広瀬アリス)が婚約者を自宅に連れて来ており、両親に挨拶をしているところでした。

さぁ、凛々子の検事としての成長、そして明るい明るい竹村家はどうなって行くのでしょうか。

5話以降のストーリー展開も楽しみですね。

 

▼今すぐ正義のセの動画を見たい方はこちら▼

huluの2週間トライアルで無料視聴だね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です