ブラックペアン3話のあらすじとネタバレ感想!ゲストは髙地優吾(音大生)!

 

 

凛子

毎回、渡海の悪魔っぷりが見逃せない「ブラックペアン」。

世良や高階にはかなり毒づいていますが、気付けば人を助けている。

ココではそんな3話のあらすじとネタバレ感想をお送りします。

ひっきー

 

 

渡海がスナイプ手術!?

帝華医大の西崎教授(市川猿之助)と東城医大の佐伯教授(内野聖陽)は、日本外科学会理事長選で次の理事長になるためにインパクトファクターのポイントで争っている。

現在、佐伯教授に6ポイント負けている西崎教授は、1つの論文で大きくポイントが加算されるスナイプの論文が必要で、帝華医大から東城医大に派遣している高階権太(小泉孝太郎)に早くスナイプの論文を書けと迫っていた。

しかし、高階は2度のスナイプ手術失敗によって次の手術の予定が決まらず、後がない状態に追い込まれていた。

論文を書くことで、有名な学会誌に掲載されることで、日本のみならず、世界から患者が集まるようになる。

”論文のインパクトファクターが、世界を大きく変えるんだ”

しかし、論文を書くには症例がまだまだ足りない。

凛子

本物の医師の世界もこんな感じなのかしら?
インパクトファクターに載せるための論文を書くために手術をする。

ひっきー

凛子

なんだか複雑な気分になるわね。

そんななか治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)が音大生の田村隼人(髙地優吾)を紹介してきた。

近くアメリカで開かれるピアノコンクールへの出場を予定しているため、早期に回復できるスナイプ手術を希望しているのだ。

重要なのは彼の父が厚生労働省・次期事務次官候補ということだ。

しかし術前検査の結果、彼の心臓は通常とは異なり複雑な構造になっているため、スナイプ手術は難しい事がわかった。

スナイプ手術を諦めようとしている高階に、佐伯教授は渡海征司郎(二宮和也)を執刀医にすると言ってきた。

高階がスナイプのマニュアルを渡そうとしても渡海は受け取らず、シミュレーションもせず、スナイプに一度も触ることなく手術当日を迎えた。

そして手術が始まり、渡海は隼人の心臓の動きを確認したと思ったら突然”やめた”と言って手術室を出て行ってしまった。

心尖部の筋肉が通常よりかなり弱く、心尖部からスナイプを挿入できない。

それゆえ手術を中止したのだ。

心臓の動きをモニターでちょっと見ただけでわかるもの?

ひっきー

凛子

そこはドラマだから!笑

再度手術するには、心室内を傷つけずに僧帽弁に到達する新しいルートを構築しなければならない。

高階と研修医・世良雅志(竹内涼真)は、スナイプの挿入位置と角度をミリ単位で調整し始めた。

その作業は何度も何度も検証し、根気よくルートを探すしかなかった。

そうしてようやく唯一のルートを探し当てる

ただの手術職人

再手術ができるようになった事を隼人の父に伝えたその時、渡海は突然「2度の失敗例」を話し”スナイプとはこういう手術だ”と、”よくお考え下さい”と脅すように伝えた。

患者までも脅すような渡海の言い方を怪訝に思った高階は注意をする。

それでスナイプ手術が中止になれば、いよいよ高階は東城医大にはいられなくなる。

それを狙ってやっているのかと、問い詰める。

さらに、本当は渡海が執刀医になる事は気に入らないが

”チームを組んだ以上は協力しなければならないから、足の引っ張り合いはやめましょう”と。

そうして探し当てたルートを渡海に教えようとしたが、”そんなもん必要ない”と言われてしまう。

すでにルートは決めてあると言う渡海のルートは、高階が何十回と検証して見つけたルートと同じだった。

う~ん、これはちょっと嫌な奴すぎるよ、渡海先生。

ひっきー

凛子

ドラマでは面白いけど現実には会いたくない人物ね。

誇りを傷つけられた高階は”論文を書かない君は、ただの手術職人だ”とムキになって言うが、渡海には響かなかった。

結局高階が隼人の父を懸命に説得し、再度スナイプ手術に同意してもらった。

佐伯教授に呼び止められた高階は

”西崎教授はスナイプを理事長選の道具としてしか考えていない、追い詰められているのでは?”そう言いい…

”正式にうちに来ないか?”と誘った。

”スナイプは君の研究だから東城医大で納得いくまで研究を続ければいい”

そう言って、高階をスナイプごと引き抜こうとした。

侮れない人物がここにもいたんだった。

ひっきー

どっち殺す?

2度目のスナイプ手術当日。

佐伯教授と西崎教授はインパクトファクターを左右する学会誌「日本外科ジャーナル」のパーティに出席している。

そして渡海の執刀による隼人のスナイプ手術が始まった。

順調にすすむ手術だったが…

翌週に佐伯式手術を控えた患者の楠木秀雄(田崎真也)が、突然心タンポナーデを起こしショック状態に陥った。

看護師の花房美和(葵わかな)は佐伯教授に電話をするが、佐伯は講演の真っ最中で指示が出せない。

そこで渡海が執刀中の部屋に電話をし、指示を求めた。

その内線を受けた世良が渡海に助けを求めるが、高階は渡海にスナイプ手術の続行を求める。

”じゃあ、どうすればいいですか!”

と焦った声で渡海に助けを求める世良。

渡海はオペ看の猫田(趣里)に何やら指示をだす。

”ネコちゃん、左かな”

そして手術室を出ていく猫田

周り中の人間が、それぞれの目の前の患者を助けろと渡海に声を荒げる。

”俺の体は一つだから、助けられる命も一つだ。ならどっち助ける?”

”あぁいやっ、どっち殺す?”

と世良を追い詰める事を楽しむかのように毒づいた。

一瞬の沈黙のあと…”そんなこと決められませんよ!”と泣きそうな声で訴える世良。

”俺なら両方助ける”

渡海はそう言って、隣の手術室に楠木を連れてくるよう指示した。

そして自分が楠木の手術をしている間、高階にスナイプ手術をするよう命じる

そんな簡単にいかないと尻込みする高階に渡海は

”この中にお医者様はいませんか?”

と煽り、覚悟を決めさせる。

楠木の手術が始まると、通常は真ん中を開胸する手術なのに何故か難しい左側を開く渡海。

そして高階のスナイプ手術も、モニターで見ながら指示していく

しばらくは順調に手術が進められたが、いよいよ難関に入ると高階が、”自分の力量の限界はわかっている、これ以上進めれば間違いなく患者を殺す”と言って手を止めた。

そこに渡海が現れ、オペを代われと言い出した。

楠木の左側を開けといたから、スナイプ手術をしろと言う渡海。

そして隼人のスナイプ手術を渡海が、楠木のスナイプ手術を高階が行い、無事成功した。

凛子

ここの一連のカッコよさで、嫌みで人とのコミュニケーションが全く取れない渡海先生の態度でも許せてしまうのよね。
結局のところ最後はみんなで渡海先生を奪い合いだしね。

ひっきー

佐伯教授の悪魔の発言

隼人が退院した。

高階はスナイプ手術を成功させたことで西崎教授から褒められ、隼人の父から理事長選を優位に進める言葉をもらった。

そして”近いうちに論文を完成させます、西崎教授のために”と、誓うのだった。

一方、楠木も退院をした。

人目のつかない裏口から出ていく彼を不審に思った高階は、佐伯教授に尋ると

”彼は「日本外科ジャーナル」の前編集長だ”と。

自分のところに手術を受けに来たと知れたら、理事長選の公平性が失われるから裏口から出したと。

うわっマジかっ!田崎真也さん、そんな偉い役だったのか!

ひっきー

そして悪魔の言葉を発する。

”君の論文がどれだけ優れていたとしても、掲載されるかどうかはその末尾に誰の名前を載せるかで決まる”

”西崎教授か、私か”

凛子

静かに渡海より怖い存在よね。

次回予告

スナイプを使った手術が成功したことで、東城大ではスナイプを大量に導入する方針を固める。

高階(小泉孝太郎)はスナイプに関する論文を着実に進めていたが、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前をどうするか、悩んでいた。

この論文が外科学会理事長選の行方を左右するとあって、論文が掲載される日本外科ジャーナルとの太いパイプを持つ佐伯教授(内野聖陽)と帝華大の西崎教授(市川猿之助)による闘いは、最終局面を迎えていた。

そんな時、高階は帝華大時代に担当していた僧帽弁閉鎖不全の子供の患者を東城大に転院させる。

血液が固まりにくい症状で出血を伴う手術は不可能ということもあり、高階は佐伯教授にスナイプ手術の実施を頼み込む。

佐伯教授は渡海(二宮和也)を執刀医に指名。

ところが、あろうことか渡海は指名を断ってしまう。

それどころかスナイプ手術に舵をきった佐伯教授を厳しい言葉で攻め立て、そばにいた世良(竹内涼真)も止める術がない。

ついには、佐伯を激怒させてしまう。渡海は今後の手術に一切関わらないよう言い渡され・・・。

お楽しみに!

ひっきー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です