正義のセ5話のあらすじとネタバレ感想!凛々子と大塚のキスシーン!

▼今すぐ正義のセの動画を見たい方はこちら▼

huluの2週間トライアルで無料視聴だね♪

 

5月9日に放送された「正義のセ」5話は、新人検事の凛々子(吉高由里子)がまたさらに大きく成長した回でした。

先週の放送では、交通事故による死亡事故の被疑者と被害者遺族との間で大きく気持ちが揺れましたが、しっかりと事実と向き合い、検事としての判断を下すことができました。

凛子

先週の話は本当に切なかったね。被疑者も被害者遺族にも同情しちゃった凛々子の気持ち分かるよね。
今週は死亡事件を扱うらしいよ。どんどん扱う案件が重くなってくるね。成長する大きなチャンスだ!

ひっきー

▼今すぐ正義のセの動画を見たい方はこちら▼

huluの2週間トライアルで無料視聴だね♪

 

4話のあらすじとネタバレ感想

4話の事件は殺人事件?

神奈川医大で女性職員の転落死事件が発生する。単なる転落ではなく、事件性が考えられることから、凜々子は相原(安田顕)とともに事件現場へ向かう。大きな仕事にまたしても気合いを入れる凜々子だったが…。

被害者は、臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)の助手を務める三宅香織(佐藤めぐみ)

二人が不倫関係にあったことが発覚し、さらに香織の爪の間から高嶋のDNAが検出されたことから、高嶋が殺人容疑で逮捕される。

しかし高嶋は容疑を否認。香織の死亡推定時刻には、「取引先の医療機器メーカーの茂木(木下隆行)とスーパー銭湯にいた」というアリバイを主張し、茂木も同じ証言をする。

凜々子の捜査が難航する中、事件に関する新事実が発覚。

凜々子は、支部長の梅宮(寺脇康文)から、大塚(三浦翔平)との共同捜査を命じられる。

だが、強引に捜査の方針を決めていく大塚のペースに振り回され、捜査チームは前途多難な雰囲気に…。

果たして凜々子は、高嶋のアリバイを崩し、複雑に絡み合う事件を解決に導くことができるのか!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/story/05.html

 

事件が複雑化するのは、被害者の香織と容疑者の高嶋の不倫関係はだいぶ前に終わっているという事実が発覚してすぐのことでした。

香織の職場のパソコンを復元化したところ、高嶋宛の送信メールが見つかったのです。

そこには、高嶋が取引先の医療機器メーカの茂木から金銭を受け取り、病院に医療機器を取り扱っているということが明らかになったのです。

高嶋には贈収賄事件と殺人事件の容疑がかけられたのです。

高嶋のアリバイを崩すことから捜査が始動しましたがなかなかアリバイを崩すことができません。

 

凛々子に新しい恋の予感?

先輩検事の大塚と共同捜査をすることになった凛々子ですが、思うように捜査が進まず煮詰まります。

捜査が進まない凛々子たちは居酒屋へ飲みに行きます。

酔っ払った凛々子はその場で寝てしまいます。

居酒屋を出ようと、大塚が凛々子を起こそうとした時、凛々子は元カレの優希と間違い、大塚に抱きつきキスをしてしまいます。

会計に行っていたはずの相原が偶然その場を目撃してしまいます。

それにめちゃくちゃ動揺した大塚は凛々子を必要以上に意識し、まともに話せなくなります。

大塚ってもしかして、仕事しかやってこなくて恋愛経験が少ないのかもしれませんね。

これから2人の間に恋が芽生えるのでしょうか。

事件の真相はまたも切ない真実が?

終電で帰られなくなった凛々子たちは職場で寝ることに…しかし眠れない相原は大塚の担当事務次官の木村(平埜生成)を連れ、スーパー銭湯「義の湯」へと行きます。

券売機でチケット買い、入館しようとした時、入館チケットに入館時間が記されているのに気づき、事件当日のチケットを夜通し4人で調べ、

高島が入館したであろう時間のチケットを科捜研に出し、指紋を調べた結果、高島の指紋が検出されたのです。これで高島のアリバイが崩れました。

2人の供述を引き出すことに成功した凛々子たちでした。

事件の真実はこうでした。

茂木から賄賂をもらっている高嶋に「不正を認めて、罪を償ってください」と直接話に行った香織だが、高嶋はそれを受け入れなかった。

それなら大学に告発すると言った香織に高嶋はやめるにように言い、暴れる香織を押さえつけようともみ合い、窓から香織は転落し、死亡したのでした。

高嶋に直接言わずに大学に告発することもできた香織がなぜそうしなかったのか。

そこには高嶋に対する香織の愛を感じた凛々子は涙をこらえながら高嶋にそのことを伝えます。

「きっと三宅さんはあなたを追い詰めようとしたんじゃない。

不正に手を染めたあなたに目を覚まして欲しかった。

だからあの日、彼女は最後の望みをかけて、あなたの部屋に行ったんじゃないでしょうか。」

「三宅香織さんは最後まであなたを信じていた。私はそう思います。彼女のその想いだけは決して忘れないでください。」

そう高嶋に語りかけた凛々子を温かい目で見守る相原さんも素敵でしたね〜。

ひっきー

まとめ

今回も大きく成長した凛々子でしたね。

捜査が終わり、大塚にお礼を行った際に大塚に言われた一言が印象的でしたね。

「全ての検事に同じ権限が与えられている。俺とお前は対等なんだ。」

これは凛々子を認めたってことなのでしょうか?

次回は司法修習生の同期で弁護士になった美咲(倉科カナ)が登場しますね。どんなストーリー展開になるのか、楽しみですね。

▼今すぐ正義のセの動画を見たい方はこちら▼

huluの2週間トライアルで無料視聴だね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です