ブラックペアン4話のあらすじとネタバレ感想!ゲスト子役は稲垣来泉(くるみ)!

 

 

凛子

佐伯教授にだけは従順だった渡海が、佐伯教授に逆らった?

二宮和也の本気度が見えるダークヒーロー医療ドラマ「ブラックペアン」

ココではそんな4話のあらすじとネタバレ感想をお送りします。

ひっきー

 

 

初めての反抗?

2件のスナイプ手術を成功させた高階権太(小泉孝太郎)は、新たに20台のスナイプを東城医大に仕入れるよう要請していた。

そして東城医大は今までの佐伯式手術から、スナイプ手術へと大きく舵をきろうとしていた。

そこへ高階が新たな患者を連れてくる。

島野小春・7歳、帝華医大から高階が転院させた患者だ。

極度に血が固まりにいため、大量出血を伴う佐伯式手術は出来ない

理事長選が近い大事な時期に、そんなリスクの大きい手術を帝華医大の西崎教授(市川猿之助)は受け入れなかった。

そこで高階は佐伯教授(内野聖陽)に頼んだのだ。

佐伯は論文の最後に自分の名前を書くと言う条件で、その少女を受け入れた。

ただし、分かるね?…このセリフって

ひっきー

凛子

悪い政治家が秘書に言ったり、警察のお偉いさんが部下に暗黙の命を出す、お決まりのわる~い言葉ね!

そして小春ちゃんの緊急カンファレンスが開かれた。

佐伯教授は執刀を渡海征司郎(二宮和也)に命じた。

しかし、渡海の口からはまさかの”お断りします”という返事が返ってきた。

”スナイプじゃ無理だ”と。

断られるとは思っていなかった佐伯は驚きを隠せない。

渡海はさらに佐伯教授に冷静に挑発を続けた。

佐伯式じゃ無理でスナイプ手術なら出来るという判断をすると言うことは、スナイプに負けたと言うことだ”と。

”もう使えないんだったら下さいよ、ブラックペアン”

とうとう佐伯教授にも牙をむき始めた渡海!

ひっきー

そこまで大勢の医師の前で言われた佐伯は

”もうお前は必要ない、今後はオペには一切関わらなくていい、出ていきなさい”

そう言って渡海を追い出した。

結局、小春ちゃんのスナイプ手術は高階が執刀する事になった。

手術はしない

高階は小春ちゃんの手術のために、何度もシミュレーションを行っていた。

スナイプ手術のために開ける穴は通常20mm、スナイプ自体の直径は12mm。

しかし小春ちゃんの手術で開けられる穴は12mmしかなかった。

理論上は可能だが、実質は無理だった。

手術の成功率は5%以下。

”それでもこの子だけは、何としても助けなきゃいけないんだ”と

高階は寝る間も惜しんで小春ちゃんの手術と、スナイプの論文のために時間を費やしていた。

その姿を見ていた世良と他の先生たちは、高階を尊敬すると話していた。

”寝てばかりの渡海先生とは大違いだ”と。

https://twitter.com/blackpean_tbs/status/995272470121738241

その時、入院中の患者が夜中に急性心不全を起こした。

急性MR(僧帽弁逆流)のため、緊急手術が必要になった。

その場に居合わせた高階先生が執刀してスナイプ手術をしようとしたがベジテーション(菌の固まり)がありスナイプは使えない。

大動脈が石灰化していて心臓を止める事も出来ないから、佐伯式しか助ける方法がなかった

渡海を呼ぼうと言うことになり、看護師の花房美和(葵わかな)が仮眠室に駆け付けた。

しかし”佐伯教授にオペをするなと言われたから、オペはしない”と言う。

世良雅志(竹内涼真)が電話で、何度お願いしても聞く耳を持たない渡海だった。

凛子

ブラック渡海、発動中!

もう時間切れだと思われたその時、佐伯教授が現れた

師長が呼んでいたのだ。

そしてその患者は佐伯式手術をして、何とか助かった。

手術後、佐伯は高階に”シミュレーションどおりにはいかないものだよ”と言葉を残した。

世良は、佐伯教授の言葉にだけ従い今回の手術も断る渡海が、何で小春ちゃんの手術を断ったのか理解できずにいた。

”渡海先生、オペで人を殺したことがないそうです”

そう花房に伝えると

だから小春ちゃんの手術を断ったんじゃないかと言ってくる花房だった。

手術をする前に、助けられるかどうかがわかってしまうわけだ!

ひっきー

カテーテル手術だ

何度もシミュレーションをしても手術を成功できない高階。

”小春ちゃんは、術後24時間で失血死する”

落ち込む高階に、渡海が唐突に声をかけた。

論文はもう書き終わっているなら、こんなオペする必要ないだろう、と。

それに対し高階は

上の教授達が興味があるのは、自分の論文だけなのは承知の上だと。

小春ちゃんは生まれた時から僧帽弁を患い、ずっと苦しんできた。

そもそもスナイプを日本に持ち込んだきっかけも、小春ちゃんを助けたいと思ったからだった。

そのために教授達に媚びへつらい、ようやくここまで辿り着いた。

小春ちゃんを救えなけば、スナイプも論文も完成したとは言えない。

しかし、何度やっても成功しない小春ちゃんのシミュレーション手術に

”今の私の技術では無理なんだ”

”ここままでは助けるどころか、私はあの子を殺してしまう”

”渡海先生、このスナイプで助けて下さい”

嫌いなはずの渡海に頭を下げながら頼む高階。

そんな高階の熱い思いの言葉をあっさり切る渡海。

”そもそも、そのスナイプじゃ不可能なんだよ”

凛子

ブラック渡海、発動中2!

そこに居合わせた世良も話に加わった。

”あのスナイプでは渡海先生がやっても失敗するという意味ですか?”

”いくら腕があったって、切れないメスじゃオペは出来ないんだよ”

そう言ってスナイプの設計図を見せた。

医療コーディネーターの木下香織(加藤綾子)から手に入れていたのだ。

スナイプの欠点は大きい事。

それをそのまま体内に入れれば、僧帽弁に到達する前に血管を傷つける。

それならば血管の中を通ればいいと提案した。

カテーテル手術だ。

カテーテルに、スナイプの人工弁装着システムをつければいいと。

幸い彼女の中核には小さな欠損があるから、その穴を通せば僧帽弁にたどり着くことができる。

古いやり方にも強みはある、前に進むだけが医療じゃないと、2人に言う渡海だった。

この男は、一度暴言を吐いてからじゃないと素直に発言できないのかね

ひっきー

”ただ一つ問題がある”

”こんな最高難度のオペは、渡海先生にしかできない”

そういう高階に、佐伯教授からオペをするなと言われてるから出来ないという渡海。

しかし渡海はここまで準備をしていた

最初から、高階から佐伯教授にお願いさせる予定だったのだ。

凛子

やっぱり面倒くさい男だわ、渡海

”渡海先生を現場に戻して頂けないでしょうか?”

そう言って佐伯教授に頭を下げる高階。

佐伯教授はそれを受け入れた。

インパクトファクターの行方

手術当日

”これより新型スナイプによる、オンポンプ僧帽弁手術を行う”

そして手術が始まった。

メスだけじゃなく、カテーテルの扱いまで一級品の渡海。

順調に右心房まで到達した。

ここからは、小春ちゃんの体の事を誰よりも知っている高階の出番だ。

彼が中隔の穴が最も広がるタイミングを合図して、最高の腕を持っている渡海がその穴を通す。

”最強のコンビだ”

そして手術は成功した。

渡海が手術室を出ると佐伯教授が待っていた。

”ブラックペアンをくれと言った言葉はお前の本音か”

”これから東城医大はもっと大きくなるから、お前は私をささえてくれればいい”

”私を信じろ”

その言葉に何も返事をせず去る渡海。

凛子

さすがに教授に暴言は履けないから無口になるのかしら?

高階は小春ちゃんの手術成功のお礼を佐伯教授に言いに行った。

”私を信じろ”

”論文、楽しみにしているよ”

高階にもそういう佐伯だった。

もはや佐伯教授が悪代官に見える!

ひっきー

渡海が佐伯教授にだけ従う事を不思議に思っている高階は、それを渡海に聞くが彼は何も答えない。

”それで今回の要求は?いくらでも払うつもりですよ”

そう言う高階に対して渡海は

”貸しといてやるよ。あんたにはいずれ金じゃないモノを払ってもらう

意味深な返答をし、さらに続けて

佐伯清剛という男は、自分のみに危険が及ぶと感じた時には平気でだれでも切り捨てる男だから、信じるな”と忠告した。

”それがたとえ長年の盟友であってもだ”

最後にそう付け加えた。

凛子

伏線のレントゲン写真が、本線になる時がきたわね

高階の論文が載っている「日本外科Journal」が発売された。

期待しながら、それぞれ論文の末尾に載る予定の自分の名前を探す佐伯教授、西崎教授。

佐伯教授の名前があった…と思ったその下に西崎教授の名前が載っていた

論文を書いたことで得るインパクトファクターは、論文筆者である冒頭に名を記している人間と、一番最後に名を記している最高責任者のものになる。

つまり、西崎教授のものだ。

高階が佐伯教授の部屋を訪れた。

”申し訳ありませんがご理解ください。私への処遇はどういったものであれお受けいたします”

そう冷静に言って出ていった。

佐伯は鬼の形相になり、雑誌をデスクに叩きつけた。

マジか!高階が佐伯教授を手玉に取った!

ひっきー

今回の小春ちゃんの手術と論文の駆け引きは、最初から計画された事だったのだ。

西崎教授が裏で糸を引いて、佐伯教授を利用するだけしたのだった。

”これでもう東城大に用はない”

そう成功者の顔で歩きながら呟く高階。

うわっ、今週はこのくだりが一番驚いた

ひっきー

凛子

えっ?高階先生…こわっ

そして、仮眠室で笑いをこらえながら「日本外科Journal」を読んでいる渡海だった。

まとめと次回予告

今回は、高階先生の表と裏の顔をこれでもか!と見れた回でしたね。

人間って恐ろしいと思った瞬間でした。

小春ちゃんを救いたいという思いは本物。

そのためにどんな顔もする、どんな事もする、もしかしたら誰よりも一番強くて怖い人なのかもしれません。

そして佐伯教授と渡海には何かあるだろうな、とずっと思わせてきた伏線が最後にちょっと分かりましたね。

盟友だった佐伯教授と渡海の父、その父を裏切った事を渡海は恨んでいるのでしょうね。

唐突ですが、SNSで一番人気だった今週のニノさんをどうぞ。

次週は、目的を果たした高階は帝華医大に戻る準備をしていた。

しかし渡海は論文で発表した小春ちゃんのスナイプ手術は完全成功ではなく、論文の撤回もあると言い出す。

スナイプ手術により、小春ちゃんの容態に異変が生じていたのだ。

その別の問題を解決するために新たな医療ロボット「ダーウィン」の導入を提案する高階。

https://twitter.com/blackpean_tbs/status/995649381322780672

決まりかと思われた理事長選に、どんでん返しもあるのかと思わせる次回予告。

まだまだ視聴者を楽しませてくれるようで楽しみですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です