モンテクリスト伯5話のあらすじとネタバレ感想!入間の妻の正体がやばい!

 

▼今すぐモンテクリスト伯の動画を無料で見たい方はこちら▼

Amazonアカウントを使って1ヶ月無料お試しに登録

 

凛子

モンテクリスト伯4話では、真海の殺されるより恐ろしいワナが明らかになりました。

5話では、新たなターゲットと仕掛けによってとうとう殺人事件が…

そんな、第5話を振り返ってみましょう。

ひっきー

 

▼今すぐモンテクリスト伯の動画を無料で見たい方はこちら▼

Amazonアカウントを使って1ヶ月無料お試しに登録

悪魔の誘惑

前の日の夜、神楽清(新井浩文)とケンカして家を飛び出していた妻の留美(稲森いずみ)は戻ってきていた。

自分が禁断の一夜を過ごしたとは知る由もなく、入間公平(高橋克典)から借りた300万円を置いて…

衆議院議員・木島義国(嶋田久作)の紹介で結婚した2人は別れる事が出来ないのだ。

凛子

冒頭からやりきれない気持ちになるわね

南条すみれ(山本美月)はマネージャーの江田愛梨(桜井ユキ)にの運転する車の中で、夢に魘されて”暖”と呟いていた。

目が覚めると、モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)に会いたいから連絡を取ってくれと言い出す。

娘が描いた絵を渡したいと。

やっぱり心の奥底では忘れらないよね

ひっきー

入間未蘭(岸井ゆきの)守尾信一朗(高杉真宇)と約束したダボハゼのオスを受け取りに市場に足を運んでいた。

信一朗はダボハゼを未蘭に渡すが、それはメスだった。

また釣り直して用意すると約束する信一朗。

”また会いたいし…”

結婚の話がなくなりそうだと報告した未蘭に、つい本音を口走ってしまう信一朗だった。

凛子

唯一の癒しカップルね

未蘭が家に帰ると、マレーシアから帰国した外務省の出口文矢(尾上寛之)が、その足で会いに来たと言って訪れていた。

公平は未蘭の前で”遺産はなくなってしまうが未蘭と結婚してくれ”と出口に伝える。

遺産目当てではないから、今までと何も変わらず未蘭と結婚するつもりだと告げる出口。

凛子

あらら、一瞬で未蘭の願いは去ってしまったのね~

その夜、真海の元を訪ねる出口。

どうやらマレーシアで知り合いになっていたようで、入間家に行くより先にココへ来ていたのだ。

そして真海がマレーシア政府に口利きをして、出口を日本に戻れるよう手配していた。

出口は、遺産より結婚を選んだ事を真海に報告する。

その言葉を聞いた真海は、まだ遺産を手に入れる方法はあるのでは?言い出す。

”入間貞吉さんを殺すんです”と。

冗談だと受け取った出口は、貞吉が死んでも遺産は寄付されるだけだと言う。

”だったら結婚する前に貞吉さんを殺してしまえばいい”

そして貞吉は人を殺している悪人だから、罪悪感を持つ必要はないと告げる真海。

13年間に未蘭の母が亡くなったのは貞吉が殺したのだと、案に伝える真海。

”警察官僚の入間公平が、自宅で事件があったなんて認めるワケがない”

と、出口に殺人をさせようと言葉巧みに悪魔の誘惑する真海だった。

怖い怖い怖いっ、真海の本音が出始めた!

ひっきー

すみれの疑惑

すみれは仕事の途中で真海の別荘に約束なしに訪れるが、応答はない。

真海は居留守を使っていた。

そしてすぐさま愛梨に”彼女を近づけるな”とメッセージを送った。

凛子

ちゃんとは気づいてないけど、何かがとても気になってるのよね、すみれは

神楽は衆議院議員の木島に会いに行き、湾岸の国有地の件をどうにかしてくれと頼んだ。

しかし自分で逆転の目を探してこいと追い返されてしまう。

神楽が事務所に戻ると、そこにはライバルの五蓉不動産のCMに出演しているすみれが来ていた

前回のパーティーに来ていたメンバーを夫の南条幸男(大倉忠義)から聞き、昔の婚約者だった暖に関係のある人ばかりなのが疑問で神楽に聞きにきたのだ。

しかしイラついている神楽は、幸男の悪口をすみれの前で言う。

”幸男はそんな人じゃない!あの時、幸男がいなかったら私は駄目になってた。幸男が助けてくれた”

そう言ってすみれは出て行った。

いくら悪口言われたって、自分で訪れたのに叩くかいっ

ひっきー

真海はある手紙を愛梨に出しておいてくれと頼んだ。

”手紙には、人の人生を壊すほどの力があると教えてくれた人へのお返しだ”

そう一言付け加えて。

凛子

この手紙で「負」のある誰かの背中を押すのね

土曜日の夜、入間夫妻が真海の別荘に訪れた。

出口の事で話があると呼び出していたが、その実は…

「出口がしようとしている事」をやりやすくするために、真海が2人を連れ出していたのだ。

乾杯をしようとしたところ、もう1人が来るのを待ちましょうと言い出す入間の妻・瑛理奈(入間瑛理奈)

そこへすみれが現れた

愛梨が勝手に呼んでいたのだ。

一瞬、動揺する真海。

だが、すぐに何事もなかったかのように振る舞う。

楽しく食事をする4人の元へ出来立ての小籠包が運ばれてきた。

アツアツが美味しいと言って小籠包を頬張る瑛理奈は、真海にも勧める。

真海はとても美味しいと言って普通に食べた。

すみれは、一瞬真海が猫舌じゃないかと期待していたかもしれない。

そして、真海は酔ったと言って夜風に当たりに席を立った。

その途中で氷を口の中に頬張る真海だった。

必死に我慢したよねー

ひっきー

少し経ってから真海のいるベランダへ行き、娘が描いた絵を渡すすみれ。

そこには星の絵が描かれていた。

真海が星が好きだと言ったから書いたという。

適当に言っただけだと、その言葉を否定する真海

結婚を考えた事はないのか聞くすみれに、1人だけいたと答えた。

”けれど、私が長い旅をしている間に、別の男性と結婚してしまった”と。

そして、その女性はもう死んでしまったと思う事にしていると伝えた真海。

”真海さんが幸せに生きていてホントによかったです”

そう伝えて帰るすみれだった。

気付いてる?

ひっきー

凛子

それとも疑惑の段階?

呪われた悪魔

部屋に戻った真海は、ようやく本題に入れると言い”出口がマレーシアで横領していた”と入間に伝えた。

そんな出口は、入間家を訪れていた。

動けない貞吉を除けば、未蘭と2人きりだ。

出かける前に瑛理奈が準備してくれていたお酒をひたすら飲む出口

緊張して酔えない状態だ。

その時、チャイムが鳴り信一朗がダボハゼのオスを届けに来た

すぐ戻るからと言って、席を立つ未蘭。

ダボハゼのオスは受け取れないと未蘭は伝えた。

何で親の決めた相手と素直に結婚するのか問い詰める信一朗。

”俺じゃダメっすか?”

未蘭は、自分の母が亡くなって引きこもっていた自分を助けてくれたのが、当時家庭教師をしていた今の母・瑛理奈だと話始めた。

小学生で母を亡くした自分の事を一番に考えて、すぐに再婚をしてくれた父

そんな2人の事を考えたら、自分だけ勝手な事をするわけにいかないと。

”信一朗さんは、こんな息苦しい家に入らないほうがいいと思います”

そう言って家に戻った。

凛子

未蘭ちゃん、いい子じゃないの

そこに出口はいない…水道の水が流れっぱなしだ…おじい様の部屋のドアが開いている。

おじい様の部屋に入ると、出口が泡を吹いて倒れていた

えっ?貞吉じゃなくて出口?

ひっきー

未蘭からの電話を受ける公平。

倒れた出口を行きつけの病院に連れていくよう未蘭に指示して自分たちも向かった。

病院に着くと、未蘭のそばには信一朗も付き添っていた。

”未蘭さんの友達の守尾信一朗といいます”

”守尾さん?”

何か聞き覚えのある名前に違和感を覚えたが、その時、出口の死亡を担当の先生が知らせにきた。

”奥様が亡くなった時と症状が似ています”

事件性があるかもしれないという先生に、自分の家でそんな事あり得ないと言い張る公平。

家に戻ると話せない貞吉に向かって”出口君を殺したのはあなたですか?”と公平は問いかけていた。

凛子

やっぱり事件を隠蔽する気ね

真海に、出口の死が心不全で処理された事を報告する愛梨。

さらに真海にすみれを合わせたのは、真海の本当の目的を知りたかったからだと言う。

”あの男たちに復讐をしたいのか、それともすみれを取り戻したいのか”

南条幸男を殺してくれるなら、出口と同じように自分の事も殺しても構わないと続ける。

”私は出口を殺していない”

そう言う真海は、貞吉も出口を殺していないという。

”私はあの呪われた家に住む悪魔を目覚めさせただけだ”

それは瑛理奈だった。

真海は手紙を1通、瑛理奈に送っただけだった。

「13年前、前の奥様を毒殺したように入間貞吉を殺してください。遺産を戴ければ、他言は致しません。出口文矢」

うわっ、ホラーになってきた!

ひっきー

まとめ

回を追うごとに壮絶なストーリーになっていって、目が離せないですね。

そして、最初はそこまで怖くないと思っていた真海がどんどん怖くなっていく姿も見逃せないです。

自分で手を下していないとは言え、とうとう殺人教唆に手を染めた真海が救われる日はいつの日かくるのでしょうか?

そんな怖くも切ない気持ちになる回でした。

いよいよ第6話では、南条幸男にワナをしかけるのでしょうか?

そして、それは愛梨の悲願だった事も最後に明かされましたね。

愛梨と幸男の間に何があったのでしょうか?

そんな疑問だらけで、ますます次回が楽しみになってきました。

 

▼今すぐモンテクリスト伯の動画を無料で見たい方はこちら▼

Amazonアカウントを使って1ヶ月無料お試しに登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です