ホリデイラブ6話のあらすじとネタバレ感想!7話の展開予想も(3/2放送分)

このドラマ「ホリディラブ」は、毎日LINEでダラダラ連絡を取り合ってる学生時代の友達Cりんから、

「絶対このドラマは面白いから見るように!」

読者名

と強く勧められたので、欠かさず見ていました。

Cりん、ドラマが始まる前から、このまんが原作を読んでハマってしまったらしく、

凛子

「OK!じゃあ、みてみっぺ!塚本高史結構好きだし…」

くらいのノリで見始めました。

今ではもう、回を重ねるごとに面白すぎて釘付けです!!

6話のあらすじとネタバレ感想

どこまでもあざとすぎる女

妻、杏寿(仲里依紗)の浮気未遂を知ってしまい、気持ちの整理のつかない純平(塚本高史)のもとに、浮気相手の里奈(松本まりか)が夫の渡(中村倫也)に追い出されて転がり込んできました。

純平が何度断っても、里奈はありったけの愛をぶつけてきます。

最終的にはあきらめて純平の寮から立ち去りますが、ただでは帰らないのが里奈という女。ちゃーんと爪痕は残します。同じ寮に住む純平の部下に、自分が純平の部屋にいたことが分かるように、わざと落ちていた洗濯ばさみを彼らの部屋の窓に投げ、外の様子を見にくるようしむけ自分の存在をにおわせます。

香水の匂いを漂わせてきたのも作戦だったのでしょうね。

感情だけに流されての行動ではなく、あくまで計算高くぬかりない。緻密かつ大胆な手口。

毎回、里奈には怖いを通り越して関心させられます。

すごい!!なんかのプロですかね(笑)

不倫の代償

安寿は未遂とはいえ、ネットに不倫写真を公表され、経営しているネイルサロンはキャンセルの嵐。娘の七香(渋谷南那)まで保育園の仲間外れのターゲットにされてしまいます。

未遂とはいえ、夫の不倫でボロボロだったとはいえ、やはり世間は男より女の不倫に厳しいですね。子供がいる母親は特にですね。

5話で里奈が書いたであろうネットの文言に「そんなところに通っているとあなたまで同類だと思われてしまう可能性があります」というのがありました。

こういうとこも、子育て中の母親の深層心理をうまく利用しているというか、里奈は悪どさが半端ないですね。

安寿は本来、真面目な性格なので、罠にハメられたとはいえ、軽率な行動をしてしまった自分が許せないのでしょう。

子供が自分のせいで、突然仲間外れに合うなんて耐えられませんよね。

自業自得なので自分がどうなろうとしょうがないにしても、子供まで巻き込むことになってしまうなんて、不倫は怖いです。

衝撃の事実

安寿の親友の春田龍馬(平岡裕太)は、経営者、黒井由伸になりすまし、杏寿を陥れた男、志賀拓巳(山田祐貴)の居場所をつきとめます。

裏で手を引いていたのはやはり…里奈でした。

占い師の坂口麗華(壇蜜)が里奈とグルだったわけではないのですね。麗華は里奈のことは知らずに、拓巳に頼まれて安寿に近づいただけだったようです。

これが分かって少しほっとしたのは、やはり里奈は女友達がいないんだなということです。

男ウケだけで生きてきたのだなというのが想像できました。

安寿が純平にあてた手紙も、里奈の手によってやぶって捨てられてしまいましたね。

今後の展開予想

テクニシャン里奈に、安寿はどうたちうちするか。

安寿の真面目さ、誠実さ、家族への愛の深さ、あと同姓受けの良さ。さいごのやつは里奈はもっていません。

麗華さん、早くネイルをなおしに訪れて、安寿の力になってやってください。女の敵は女ですが、女の味方もまた女。個人的に麗華さんの活躍を期待しています。

次回は、里奈がどうしてあんなにまで純平に執着してしまったのか。

安寿を、どうしてあんなにひどい仕打ちで苦しめてきたのか。

その全貌が明らかになりそうな予感です。

あの吐息まじりの話し方、トロ~ンとした目、全身女子力高すぎくんな里奈。

あそこまで突き抜けていたらあっぱれなキャラクターですね。

頭のいい策略家なだけに、今後は思い改めて、不倫ではなくビジネスにあの才能を生かして、子供たちのために離婚しても一人で稼げるような自立した女性になってほしいです。

まとめ

凛子

次回、七香がいなくなり、また大波乱の事件が起こりそうです。

安寿と純平には、どうか家族の幸せを取り戻してほしいですね。

里奈には、あの家族に、もう関わらないであげて!

といいたいです!!

ホリデイラブはauビデオパスで全話無料視聴♪

auビデオパスの30日間無料の見放題プランに登録する

30日以内に退会すれば料金はかかりません

auじゃ無い人でも新規登録できるよ♪

ホリデイラブはauビデオパスが独占配信してるよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です