モンテクリスト伯7話のあらすじとネタバレ感想(5/31放送)

凛子

モンテクリスト伯5話の終わりに、愛梨の狙いは南条幸男だったとわかりました。

愛梨はなぜ幸男を憎んでいるのか?

そして、どんなワナを仕掛けるのか?

さっそく第7話を振り返ってみましょう

ひっきー

真海のシナリオ

香港マフィアVAMPAが南条幸雄(大倉忠義)の家へ乗り込んできた。

”ショーン・リーの事件で、香港警察が目撃者と接触する”

そうVAMPAのボスであるダニー・ウォンが言うと、もちろん幸男は俺じゃないと否定した。

”わかってる、エデルヴァだ”

エデルヴァはショーン・リーの娘だ。

事件の時に現場に居合わせて、VAMPAによってある島に長い間隔離されていた。

それが半年前に日本語を話す男に買い取られていたのだ。

妻の南条すみれ(山本美月)と娘を人質にとり、その男を見つけて来いと幸雄に命令した。

見つけたら、処理はこちらですると。

凛子

あ~、エデルヴァが彼女なワケね~

https://twitter.com/MONTE_CRISTO_cx/status/1002890408123248641

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、神楽清(新井浩文)の元を訪れていた。

安堂完治(葉山奨之)が詐欺師で、神楽の妻・留美(稲森いずみ)はそれを承知で彼を助けようとしていると伝えにきたのだ。

安堂を留美に紹介したのは自分だから、そのお詫びに神楽の欲しがっていた南条の情報を渡すと持ち掛けた。

ショーン・リーの事件の真相を知る人物が、香港警察の事情聴取を受ける事になっているから、そうしたら南条がその事件に関わっていた事が明らかになると。

”これであの国有地は御社のものだ”

そう言う真海に

”これって全て真海さんのシナリオですか?”

そう警戒して訊ねる神楽。

もちろん否定する真海。

”私は何もしていません。因果応報ってやつでしょうか”

駆け引きが凄いね。っていうか、実は神楽も相当やり手だね

ひっきー

留美は安堂の借金を全て立て替えた。

安堂はそのお金の出どころは旦那かと問い、さらに死体は見つからないかとビビりまくっている。

大丈夫だと悟ったように答える留美。

留美さんの暴走は止められない~

ひっきー

真海の別荘の近くで遺体が発見された。

寺角類(渋川清彦)だ。

何があったんでしょうねと言う秘書の土屋に、”匿名の通報で死体でも見つかったんじゃないか?”と平然と言う真海。

捜査員の一人が、寺角は15年前の柴門暖の関係者だったと刑事部長の入間浩平(高橋克典)に報告に行った。

関係ないと思うなら報告するなよ、捜査員!

ひっきー

入間は警視庁の外事3課の資料を改めて見直していた。

そこには、確かに柴門暖の死亡報告書はある。

他の資料に目を通すと、ファリア・真海と言う男の存在が浮かび上がってきた。

凛子

あっ、ヤバイ、気づいたよね。浩平さん

真海を売る幸男

入間の娘・未蘭(岸井ゆきの)の元を訪れた守尾信一朗(高杉真宇)

未欄を見るなり、自分を受け入れていないと悟った信一朗はすぐに帰ろうとする。

”違うんです。私の父なんです。15年前、信一朗さんの会社の人を逮捕したのは”

そう告白した。

信一朗は、あの事件で家がぐちゃぐちゃになったのは確かだし、今でも冤罪だと信じていると言いながら

”忘れる事は出来ないけど、もうあの事件に縛られるのはやめようと”

前向きな姿を見せた。

凛子

毎週言ってるけど、唯一の癒しカップル♪

入間家のお手伝いさんは、家のキッチンにある赤い小瓶を持ち出そうとしていた。

しかし、すぐに浩平の妻・瑛理奈(山口紗弥加)が気づいて奪った。

お手伝いさんに暇を出すと、義父の貞吉(伊武雅刀)の元へ行き、今後は自分がお義父さんの世話をすると言う。

そして今までの殺人を告白した

”嬉しいです、計画を話せる相手が出来て”

そして、今後の未蘭と貞吉の殺害計画を楽しく伝える瑛理奈。

自宅での殺人を絶対に認めない浩平が、公にするハズないと。

留美もまぁまぁ壊れたけど、瑛理奈の壊れっぷりが半端ない!

ひっきー

https://twitter.com/tadayoshi2112/status/1002173820403310597

幸男は神楽の元へ怒鳴り込んだ。

”エデルヴァを握ってるのはお前だろ”と。

冷静に、それは信海だと話す神楽。

”お前を潰すために近づいたんだ、自分で確かめてみろ”と、煽って幸男を追い返した。

うちにとって邪魔者は幸男だけだという秘書の牛山に、

”真海はいずれ俺のことも潰しにくる。元漁師の感だ”

そう応える神楽だった。

神楽はバカそうに見えて、一筋縄じゃいかないよね

ひっきー

その足で真海の元へ行く幸男。

そこにショーン・リーの家にあった翡翠を見つけた

”エデルヴァを買い取ったのはあなたですか?”

”俺にどんな恨みがあるっていうんだ?”

と問い詰める幸男に、のらりくらりとかわす真海。

家に戻った幸男は、自分を狙っているのは信海だと伝える。

その言葉を信じたVAMPAは、信海の元へ行った。

凛子

暖の時も、ショーンの時も、そして今回の真海の時も、自分のために信頼する人を裏切る幸男…最低だわ

解放されたいずみは、幸男に本当の事を話してと言う。

そして、幸男は過去の全てをいずみに話した。

香港で出会った、有名俳優のショーン・リーに可愛がってもらっていた事。

でもお金がなくて、香港マフィアのVAMPAのダニーからお金を借りていた事

返せなくて、ショーンが留守の間にVAMPAの連中とショーンの家に忍び込んで金目の物を盗もうとした事

その時に、予定より早く帰ってきたショーンと妻をダニーが殺した事

VAMPAが、全てを見ていた娘のエデルヴァをさらって消えた事。

ずっと後悔し続けていると、あんな事になるとは思っていなかったと話した。

そして、その事で自分を追い詰めて潰そうとしているのは信海だと、いずみに告白した。

その言葉を聞いて、今度は私が助ける番だと、一緒に償っていこうと言ういずみだった。

凛子

言い訳にしか聞こえない…
一ミリも同情の余地なしだね

ひっきー

悪いのは幸男なんだ

ベストパートナー賞の授賞式の当日。

約束もなく真海の家を訪ねるいずみ

そして、主人は悪くないと言い出した。

”悪いのは、あなたの事を待っている事が出来なかった私だよ、暖”

いずみは、真海として最初に会った時から暖だと気づいていた。

必死に帰りを待ったけど、死亡通知が届いて死のうとした自分を助けてくれたのが幸男だったと。

”幸男は悪くない、恨むなら私を恨んで”

そう言ういずみに、

”悪いのは幸男なんだ”

”柴門暖が警察に捕まるよう、嘘の通報をしたのは南条幸雄です”

”南条幸雄が、柴門暖を殺したんです”

そう言う真海…いや、だった。

https://twitter.com/matari_moka/status/1002180670196670465

初めて真海が、自分は暖だと告白したね…これからも生きていく人に

ひっきー

凛子

やっぱり気づいてたのね、いずみちゃん

真海の家に乗り込んだVAMPA。

ダニーが真海に殴りかかろうとした瞬間、突然ほかのVAMPAメンバーがダニーを襲った。

真海は、VAMPAのナンバー2をすでに牛耳っていたのだ。

おっ、おっ、マジかっ!その展開は予想してなかった

ひっきー

ベストパートナーの授賞式。

壇上で挨拶をする幸男。

その時、取材陣の所へあるニュースが飛び込んできた。

”ショーン殺害に南条が関わっている”

そして、いずみが壇上で発言した。

”私たちは、今日限りで離婚します”

後を追う幸男に、いずみは

暖を殺したのはあなたなの?と言って、去って行った。

授賞式を見ていた神楽は確信していた。

”あいつ生きてる”

さらに、入間も暖が生きていると確信していた

一気に話が進んだね~

ひっきー

凛子

入間にも神楽にも気づかれて、この後の計画は大丈夫?それも想定済みなのかしら?

https://twitter.com/Caorin4/status/1003791718758506496

エデルヴァ

愛梨の運転で家に着いた南条は、すでに家の中が整理されているのを見て呆然としていた。

今日でマネージャーを辞めるけど、その前に最後の仕事をお願いしますと言い出す愛梨。

”遺書を書いて下さい”

ショーン・リー一家を殺害したのが自分だと書かないと、いずみと娘が狙われると。

そして…

”私はエデルヴァよ”

そう告白した。

あの事件の後の自分の壮絶な人生を幸男に話し

”人生の全てに懺悔しろ”

そう言って、部屋を出て行った。

凛子

愛梨さん…いや、エデルヴァ…なんか感情が複雑になるわね…

海辺で佇む真海を偶然見かけた信一朗は、前に市場に買いに来てくれた人だと気づいて声をかけた。

真海の沈んでいる姿に、何かあったのかと聞く信一朗。

”もうすぐ知り合いが死ぬんです。昔、親友だった男が”

一つ歯車が狂っただけで、全てが変わってしまった。もう二度と元に戻すことはできない

そう諦めた発言をする真海に、どこからでもやり直せると信じたいとアドバイスする信一朗。

信一朗が眩しい…

ひっきー

https://twitter.com/Love_Dean_asuka/status/1002168271666204673

愛梨の元に幸男といずみの娘から電話が入った。

”パパは悪い人だったの?パパは悪い人じゃないよね?だって私、パパの事大好きだもん”

その言葉を聞いて、幸男の元に戻る愛梨。

その瞬間、幸男は…自ら首を吊った

まとめと次回予告

暖と愛梨の事を考えるとこれで良かったとも思えるけど、幸男の娘の事を考えると愛梨と同じ思いはさせたくないとも思ってしまった結末でしたね。

一気に物語が進んだ今回。

次回以降、暖の存在に気付いた神楽と入間に復讐は出来るのでしょうか?

そして、鍵を握る神楽と入間の妻たちの存在も大きいですよね。

ここから最終回まで目が離せない「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~」をお楽しみに♪

https://twitter.com/MONTE_CRISTO_cx/status/1002186259274477572

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です