あなたには帰る家がある最終回11話のあらすじとネタバレ感想(6月22日)

6月22日に最終話が放送された「あなたには帰る家がある」

これまで毎話毎話、修羅場でした。

家に乗り込まれたり、職場に手作りのメンチカツ持ってこられたりと、まるでホラーを見ているようでした。

しかし、ストーリーが後半に行けばいくほど、クスッと笑える要素が増え、最終話が一番笑えた気がします。

凛子

結局、佐藤家と茄子田家はどうなるの??
まさかの太郎と真弓がくっついたりするの??

ひっきー

今回の記事は、気になる「あなたには帰る家がある」最終話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。

 

最終話のあらすじとネタバレ感想

最終話あらすじ

 綾子(木村多江)に対し「太郎(ユースケ・サンタマリア)と慎吾(萩原利久)と麗奈(桜田ひより)の4人で幸せになる」と宣言した真弓。これを受けて急遽4人で話し合うことに。

真弓の宣言が、自分を太郎の元に戻そうという作戦であることを見抜いた綾子は、真弓に「太郎さんを宜しくお願いします」と告げ、自分はあくまで秀明と幸せになると宣言し返す。

真弓の夫婦交換宣言は、綾子の読み通り、綾子を太郎のもとへ帰す作戦だった。

しかし弥生から「秀明が本当に綾子と真剣に将来を考えたらどうするの?」、圭介から「茄子田太郎が本当に真弓が自分のことを好きになったらどうする?」と問われ、作戦の穴に気づく真弓。

 綾子と暮らし始めた秀明は、後輩・桃(高橋メアリージュン)の告発によって、左遷される。しかし綾子は、動じずにあくまで秀明と幸せになるのだと揺るがない。

 一方、圭介の懸念通り、真弓との将来を真剣に考え始めた様子の太郎。

綾子と家族で毎年行っていた海に、慎吾と真弓と麗奈の4人で行こうと誘う。真弓は綾子の働く食堂を訪れ、太郎から海に誘われたことを告げる。

 その週末。海で楽しく過ごす太郎と真弓たち。そこに何も知らない秀明を連れて現れ…!?

 ここに宿敵の女ふたりの  最後の戦いが始まった…

 あな家ついに最終回!

男女4人の「帰る家」は果たしてどこなのか…?女ふたりのバトルはどう決着するのか!?

引用元:http://www.tbs.co.jp/anaie/story/

 

本当に一緒にいたいのはどっち?

太郎の綾子への思いに心が動かされ、綾子を太郎の元へ戻そうと、主導権を握ったかのように思えた真弓だが、綾子は真弓の思い通りにはさせまいと秀明の元を離れないようとしない。

真弓と麗奈、太郎と慎吾の4人がいる海へ訪れた綾子と秀明。

4人は楽しそうに食事をしており、見るに耐えなくなり、その場を去ってしまいます。

一方、4人は、真弓が準備してきた食材を囲んでBBQを始めます。

綾子とは違い、奇想天外の行動に太郎と慎吾は戸惑うも楽しそうに過ごします。

食事が終わり、麗奈と慎吾は海辺で遊び、真弓と太郎はそれを遠くから見守ります。

これから真弓と過ごすことを前向きに考え始めている太郎は、真弓に少しでもその気があるなら1分でいいから手を握ってくれと言います。

真弓はそれに応えます。

これから2人はどうなるのでしょうか。

それから、片付けを終え、帰ろうとする4人。

真弓はゴミ箱に捨てられている1冊の手帳を見つけます。

その手帳は太郎が肌身離さず持っていた手帳で、そこには、何度も何度も修正した家の間取りがあったのです。

その手帳を見た真弓は太郎の綾子へのただならぬ思いを感じるのでした。

 

最後の修羅場は密室?

6月22日、太郎と綾子の結婚記念日。

真弓はその日に太郎と一緒に離婚届を出しに行こうと栃木で真弓と秀明、綾子と太郎と話した時に提案しました。

ついにやってきた6月22日、真弓と太郎は待ち合わせをして、離婚届を出しに行こうとします。

一方、左遷された秀明の元にお弁当を持ってきた綾子に秀明は今日、離婚届を出す日では?と話を持ちかけます。

秀明は綾子に気持ちがないことを栃木での4者会談の時に伝えています。

綾子も不倫関係にあった時ほど、秀明に対する気持ちの高ぶりがないことに気付いています。

秀明はそのことを伝えると綾子は一緒にいる人が誰でも自分がやることは変わらないと言います。

毎日、ご飯を作って洗濯して、相手が太郎だろうと秀明だろうと自分のやることは変わらないと。

そこにやってきたのは、真弓と太郎でした。

真弓は、自分への意地で太郎の元へ戻れないのであれば、そんな意地は捨てて素直になれと綾子に言います。

そして、太郎が綾子のことを思い、まだ綾子と住む家の間取りを考えていることを伝えます。

そんなことを聞いてもまだ素直になれない綾子はその場を飛び出し、エレベーターへと走ります。

もちろん、真弓も追いかけます。そして、秀明に引っ張られ、太郎も2人を追いかけます。

4人でエレベーターに乗った瞬間、エレベーターが止まってしまったのです。

そう、4人最後の修羅場はエレベーターという密室だったのです。

なかなか管理業者が来ない中、4人は脱水症状が出てきます。

極限の中、真弓は太郎に「もしかしたらここで死ぬかもしれないから綾子に言いたいこと言えば?」と提案します。

太郎が綾子に最初に行った言葉は「佐藤と何回したのか?何回俺を裏切った?」でした。

真弓が「そこ?」と言うと「大事だろ!」と言う太郎。

うん。大事かも。と思ってしまいました。

綾子と秀明が同時に答えるも、綾子は「5回」、秀明は「4回」と答えます。

その答えで綾子に向いていた矢が秀明へ。

ちゃんと覚えてない秀明を責める綾子と太郎、それに対して「ちゃんと覚えている」と言ってしまい、ちゃんと覚えていることに真弓責められる。

もうコントですね。修羅場には見えませんね。

「最低」と言う綾子に真弓が攻撃します。

さぁ、ここから女2人が秀明に攻撃を開始します。

真弓「あんたが言う資格ないけどねぇ。どうせ顔だけで誤魔化されたんでしょ。うっかり浮気したところであんたを連れ出して幸せにするような器なんてないから。」

綾子「ホントにそう。バレた途端にひどい逃げ方。」

真弓「そういうヤツ。」

綾子「ごめんの一言で済むと思って。」

真弓「あ、ごめんとか反省してるとか言うけど、中身、無だから。」

綾子「愛してるなんて口だけ。」

真弓「小物のくせに浮気なんかしてるんじゃないってつーの。」

綾子「いつまで逃げるつもりなの?火をつけたのはそっちなんだから、その責任ぐらい取りなさいよ!」

それを言われた秀明も綾子に反撃を開始!

秀明「お言葉を返すようですが、その火を消したのはあなた自身ではないんでしょうか。」

綾子「はぁ?」

秀明「だって、おかしいでしょ。行動1つ1つ、全部がおかしいでしょ。人の奥さんの職場にメンチカツ持って行ったり、家族旅行に押しかけたり。」

真弓「家に押しかけたりねぇ〜。あ、カレーパーティーにも来たねぇ。」

秀明「鍵盗むし、家に勝手に入るし、怖いでしょう。普通、怖いでしょう。一体どうやってあなたを好きになれば…」

と秀明が言いかけた瞬間、ずーっと黙ってた太郎が動きます。

秀明はずっと言いたかったけど言えなかったことを綾子に言えましたね笑。

太郎は綾子を責めていた真弓と秀明に怒鳴りつけます。

「綾子を責めるな!」

ビクッとする真弓と秀明。

「世間を知らない女が純粋に男を好きになった。それだけの話だよ。何で分かってやれないんだよ。何で受け止めてやれないんだよ。

俺は何度も考えたよ。想像してみた。俺は、俺はやっぱり……真弓を抱けない。」

え???そっち???最終回は本当にコントですね。

「今、何つった?」とボーッとしながらも太郎に問う真弓。

太郎「すまん、真弓。無理だ。」

真弓「昨日、手繋いできたよね〜。」

2人が手を繋いだことに驚く秀明と綾子。

真弓「パンケーキ美味しって。」

そう、BBQでの真弓の奇想天外の行動の1つはパンケーキを焼いてきて、肉や野菜を挟んだら?と言う提案でした。太郎は美味しいと言いながら食べていたのですが、本音は違ってたようです。

太郎「あんなの飯じゃない。」

真弓「はぁ??」

秀明「気持ちはすごく分かりますけど。」

分かるんか〜い!!

秀明「そもそも得意じゃないのに、頑張って作ってくれてるんだから、感謝すべきでしょ!」

太郎「そういうことじゃない。真弓と新しくやり直せたら、幸せだろう。と思う。けど、俺はお前が作った飯が食いたい。」

綾子「言ったでしょ。あなたのこと、愛してないって。」

太郎「それでもいい。」

綾子「愛してないのよ?」

太郎「相手が誰でも同じなんだろう。じゃあ、俺にしろ。お前のために変わるから。もう2度とお前を傷つけない。それでもし、いつか、一瞬でも、たった一瞬でもお前が俺を愛してくれたら、それで俺の人生は満点なんだ。

綾子、帰ってこい。一緒にうちに帰ろう。」

うわ〜〜!!なんて、究極の愛!!サイコパス太郎なんて言ってすいません!!

太郎はただ、愛し方を間違っただけなんですね。素敵な旦那さんです。

佐藤家と出会い、太郎が一番変わったかもしれないですね。

秀明「俺だって、綾子さんと暮らして思うのは、もし、今まで俺が真弓にこんな風にしてたらって。ありがとうって、ちゃんと名前で呼んで、一緒に家事して、そんな風にしてたらって、雑でも、シャツのアイロンしわしわでも、玄関開けて、カバン置く前に文句飛んできても、帰ってきたなぁって、そう思うのは、やっぱり真弓のいる家なんだよ。

 

夫婦になって家族になって、いつの間にか空気になってたけど。空気がないと生きていけない。

何年かかっても、俺は真弓がいる家に帰りたい。

真弓「私は、私は、パパと終わったって。でも正直チラつくよ。今でもウニ丼食べたら、あー、もう一緒にいないんだなって。パパの顔が。他の人と手繋いだらさ、あー、パパじゃないんだなって、つい思っちゃうよ。もし、ちゃんとパパとこうやって向き合ってたらなって。

でも、そういうことが、少しずつ無くなっていくんだなぁ。って。それは寂しいことだけど、でも少しホッとする。今は、空気がなくなって、アップアップしてるけど、少しずつパパがいないことにも慣れていって、ちゃんと息が吸えるようになると思うから。

この夫婦に会わなかったらさぁ、きっと今でもパパと結婚してて、不満いっぱいで、文句たらたらで、でもごまかして、壊れていることに気づかなくて。そんな自分にもう戻りたくない。

最低最悪の出会いだったけど、おかげで分かった。生きてたらさ、うまくいくことばかりじゃないし、いろんなこと起こるから、そういう時に顔見たくなる人、声聞きたくなる人、おかえりー、大丈夫?って言ってくれる人。

場所じゃないくて、そういう相手が帰る家なんじゃないかなぁって。だから、今度は壊れる前に大事にしたい。

私はそう決めたよ。だから、あんたも自分が帰る家ぐらい、自分で決めなよ。」

「帰るわよ。帰ればいいんでしょ。」と泣きながら綾子は言います。

その時、エレベーターが開き、4人は解放されます。

エレベーターを出た真弓と秀明が見たのは、抱き合う太郎と綾子でした。

そして、2人で帰ろうとする真弓に、「ちょっと待てー!!」と呼び止め、「何か言うことあるよね?」と綾子に言います。

「子どもでも言える5文字の言葉!」

と言われた綾子は真弓に「ありがとう」と笑顔で言い、太郎とその場を立ち去ります。

 

佐藤家と茄子田家それぞれの決断

その晩、真弓は秀明と飲み行き、秀明にこう言います。

「ちょうどいい。この距離がパパが1番よく見える。」

佐藤夫妻が元サヤに戻ることはまだまだ先のようですが、良い関係が築いて行きそうです。

茄子田夫妻は、綾子が家に戻りますが、太郎と綾子の立場は逆転、綾子と義母の関係も逆転します。

「お母さん、最後まで快適にこの家で暮らしたかったら、私にそんな口聞かない方が良いですよ。」

と言う綾子に義父は「綾子さんについて行きます。」と笑顔で言います。

「大きいお家で美味しいお料理を食べられるのは誰のおかげ?」と太郎に聞くと太郎は超笑顔で綾子にお茶を入れながら、

「綾子のおかげです。」と言います。

それを微笑みながら見る慎吾。あ〜、素敵な茄子田家になりましたね。

そして、麗奈と慎吾のお付き合いは順調のようで、その2人を見かけた真弓と秀明は、見守ろうと決めるももし、2人が結婚したら、

「あのボケナス夫婦と親戚に?」

とどこまでも息がぴったり!

 

まとめ

一時は、ホラー映画を見てるような怖い回もありましたが、なんだかんだで見逃せなかったドラマ「あなたには帰る家がある」。

最終話はコントのような展開で、終わって見れば、スッキリした気持ちになりましたね。

夫婦で見れなーい!なんて声もたくさん上がりましたが、最終話は夫婦で見ても気まずくなかったのでは?

私個人的になるほど!と思ったのは、「空気がないと生きていけない」という秀明のセリフ。

よく空気みたいと夫婦関係を表すことがありますが、空気みたいで楽、空気みたいに扱われ寂しいといろいろと解釈はあると思いますが、楽でも寂しくてもないと生きていけないって、一気に素敵なフレーズに聞こえますよね。

あ〜、楽しかった〜〜。と言えるのは、ハッピーエンドだからですよね。

はぁ、楽しいドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です