義母と娘のブルースの視聴率一覧を最終回まで更新中(2018夏ドラマ)

こちらの記事ではドラマ「義母と娘のブルース」の視聴率一覧と推移を紹介していきます!

2018年7月クールのTBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」が7月10日10時からスタートします。

主演は女優の綾瀬はるかさんです。

綾瀬はるかさんの相手役に竹野内豊さんが出演し、他にも佐藤健さんが出演。

凛子

世代違いのイケメン俳優が出演するんだね〜。それだけでも楽しみ!!
竹野内豊さんは今回、バツイチ子持ち役みたいだよ〜。

ひっきー

バツイチ子持ちの竹野内豊さん演じる良一が選んだ再婚相手は、バリバリのキャリアウーマンで超真面目な女性、綾瀬はるかさん演じる亜希子。

このドラマは亜希子が義母として一生懸命、娘を愛する物語です。

視聴率一覧と推移

第1話(2018/7/10放送)視聴率:11.5%

第2話(2018/7/17放送)視聴率:11.3%

第3話(2018/7/24放送)視聴率:12.4%

第4話(2018/7/31放送)視聴率:12.2%

第5話(2018/8/  7放送)視聴率:13.1%

 

→「義母と娘のブルース」の無料視聴と関連記事はこちら 

※ビデオリサーチ社調べの関東地区を参考にしてます。

直近のドラマの視聴率をチェック

花のち晴れ

初回(第1話)視聴率:7.4%

最終回(第11話)視聴率:9.5%

全話平均視聴率:8.3%

 


 

きみが心に棲みついた

初回(第1話)視聴率:9.4%

最終回(第10話)視聴率:8.3%

全話平均視聴率:7.7%

 


 

監獄のお姫さま

初回(第1話)視聴率:9.6%

最終回(第10話)視聴率:7.1%

全話平均視聴率:7.7%

 

結構、この枠のドラマって視聴率取るのって難しそうだよね。

凛子

「花のち晴れ」は初回の7.4%から最終回の9.5%まですごく上げたけど、10%は越せないんだね。大健闘だったんだけどね。
「監獄のお姫さま」は脚本家が宮藤官九郎さんで、キャスト陣も小泉今日子さんや満島ひかりさん、伊勢谷友介さんなどそうそうたるメンバーで期待されていましたが、そこまで数字は伸びなかったね。

ひっきー

 

勝手に視聴率を予想!

綾瀬はるかの過去作品・視聴率まとめ

主演の綾瀬はるかさんの過去の主な出演ドラマの平均視聴率を調べてみました。

綾瀬はるかさんが出演された名作と言われるドラマの視聴率を調べました。

 

・「世界の中心で、愛を叫ぶ」(2004年) 15.9%

・「白夜行」(2006年) 12.4%

・「ホタルノヒカリ」(2007年) 13.7%

・「JINー仁ー」(2011年) 21.2%

・「奥様は取り扱い注意」(2016年) 12.6%

「世界の中心で、愛を叫ぶ」で人気女優としての階段を登り始めました。

凛子

すごく視聴率を取る女優さんなんだね。

 

綾瀬はるかさんが出演されているとつい見てしまいますよね。

ひっきー

 

これは期待できそうです。

 

脚本家の過去作品・視聴率まとめ

次に脚本家の過去作品から視聴率をまとめました。

「義母と娘のブルース」の脚本家は森下佳子さんです。

森下さんは過去に多くのヒットドラマの脚本を手がけています。

その中でも綾瀬はるかさん主演のドラマが多いんですよね。

「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN-仁-」「私を離さないで」は森下さんが脚本を担当したドラマです。

どれもヒット作品ばかりですね。

上記で紹介した作品とかぶるので、ここではそれ以外のヒットドラマの視聴率を紹介したいと思います。

・「MR. BRAIN」(2009年) 20.4%

・「とんび」(2013年) 15.4%

・「ごちそうさん」(2013年) 22.3%

・「天皇の料理番」(2015年) 14.9%

・「おんな城主 直虎」(2017年) 12.8%

 

凛子

普段、脚本家の方ってあまり気にしないけど、森下佳子さんってめちゃくちゃ凄い人なんだね!!
ホントだね!どれも知ってる作品ばっかりだよね。

ひっきー

 

放送前の期待度もチェック

視聴者の「義母と娘のブルース」に期待するツイートをまとめました。

主演・綾瀬はるかさんと脚本家・森下佳子さんの最強タックに加え、原作の漫画が面白くて期待している視聴者が多いようですね。

3作品前までのTBS火曜10時枠ドラマでは、初回・最終話・平均視聴率ともに10%を超えたドラマはありませんでした。

しかし、もう少し遡ると「あなたのことはそれほど」(2017年4月) 11.1%、「カンナさーん」(2017年7月) 12.0%となかなか好調スタートのドラマもありました。

そして、一大ブームを巻き起こした「逃げるは恥だか役に立つ」通称「逃げ恥」(2016年10月)は初回視聴率10.2%、最終回視聴率20.8%、全話平均視聴率14.5%と驚異の数字を叩き出しました。

主演の綾瀬はるかさん、脚本家の森下佳子さん、原作の漫画の評判を踏まえ、そして、火曜10時という枠を考え、逃げ恥以来のブームを巻き起こしてくれることを期待し…

2018年7月クールTBS火曜10時ドラマ「義母と娘のブルース」初回視聴率は期待値も込めて12.5%〜13.5%程度と予想します!

まとめ

原作漫画では、涙が止まらなかったというツイートも多くありました。

ドラマの前に漫画で内容を確認したくなりますが、個人的には、純粋にドラマを楽しみたいので、我慢します。

どんなストーリーが展開されていくのでしょうか。楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です