隣の家族は青く見える9話のあらすじとネタバレ感想!最終話の展開予想も

こちらの記事では、「隣の家族は青く見える」9話のあらすじとネタバレ感想について紹介していきます。

凛子

予告でいきなり、「妊娠しています、おめでとうございます」と奈々が言われてたけどどうなるかなぁ?

妊娠がわかって周囲の反応はどんな風になっていくのか!

それでは早速見ていきましょう♪

ひっきー

▼隣の家族は青く見えるの動画を無料&高画質で見たい方はこちら▼

9話のあらすじとネタバレ感想

9話あらすじ

奈々(深田恭子)を傷つけるのが嫌で、体外受精に乗り気ではなかった大器(松山ケンイチ)でしたが、奈々とたくさん話して一緒に頑張ろうと思う事が出来て体外受精を行いました。1回目の体外受精で妊娠をする事ができ、2人ともホッとするのと同時に嬉しさが抑えきれません。

心拍も確認できて、まだ安心ではないけれど1つの目安ですと片岡先生(伊藤かずえ)に言われ姑の聡子(高畑淳子)と奈々の母親春枝(原日出子)にも伝えて、みんなでお祝いをします。不妊治療に反対だった春枝も奈々の妊娠を心から喜んでいました。

朔は、カミングアウト以来母親への連絡をしていない渉を心配して朔は渉の実家を訪ねます。

母親のふみ(田島令子)は、最初は拒否をするけれど、朔を家に上げます。ふみは、理解してあげないといけないとは思っていると言います。

実家からの帰り道、朔が歩いていると電車が来る寸前の踏切内に萌香がいるのを発見します。

慌てて踏切に入り萌香を助けようとするのですが・・。

 

名前はオリーブだな

お腹に命が宿った記念に、庭にオリーブの木を植える奈々は、初夏の出産を考えて「オリーブは初夏に花が咲くからどっちもすくすく成長してくれたらいいな」という願いを込めて植えていました。

すると大器が「じゃ、生まれてきたら名前はオリーブだな。五十嵐オリーブ」と2人でほのぼのとしていると萌香(古川凛)が行方不明だと深雪(真飛聖)が血相を変えて玄関から飛び出してきます。

妊娠している奈々は自宅待機で手分けして探していると、朔が萌香を助けたと連絡が入ります。

どうやらケガをしているようで、慌てて皆で病院へ向かいます。

病院に着くと2人のケガは軽症で安堵します。

萌香は、元気のない母親・深雪が心配で、大好きなインスタ映えするのを探して元気になって欲しいとインスタ映えを探しているうちに迷子になってしまったようです。

子供は母親の表情に敏感だからママを元気にしたいその気持ち一心だったのでしょうね。

2人とも幸い軽いけがで済んだのですが、渉は朔がケガをしたと聞いて駆けつけます。「結婚はしていないけど、家族同然の恋人なんです」と看護士に言う姿は、クールな渉とはかけ離れ取り乱す姿に、ちょっとくすぐったい気持ちになりました。

抱き合う朔と渉を見て、萌香が「朔ちゃんとわたるん愛し合ってるね」と言います。驚く深雪の前で優香(安藤美優)が「男と女だけじゃなくて、男同士女同士で愛し合う人達もいるって学校で習ったよ、これからは多様性を認め合わないとダメだよね~」と言いのけます。

大人、大人ですね。今は学校でそこまで習うのですね。

それぞれの和解とバーベキュー

萌香の行方不明事件をきっかけに、深雪がコーポラティブハウスの住人に歩み寄ります。まず朔と渉に偏見がありましたと頭を下げます。「狭い世界の中で随分と長い時間を過ごしてしまって、自分が一番分かっていなかった」と言います。

そして、深雪がまた最初の頃のようにバーベキューをしようと言い出します。

この時、ちひろが「出た!バーベキューおばさん」と間髪入れずに言ったのが笑えました。深雪とちひろ(高橋メアリージュン)は、だんだんといいコンビになっていますね。

そして、真一郎(野間口徹)と深雪は自宅に戻ると、判を押した離婚届を深雪が渡します。この家は売りにだして、子供はあなたが育ててくださいと言います。バーベキューの時に皆には話しましょうと。

深雪は、自分を萌香の事を危険な目に合わせて最低な母親だと言いますが、そうは思えませんでした。子供に対して一生懸命に向き合って、自分が育てられた環境があまりよくなくて、失敗続きだった子供時代の自分みたいにならないように、優香と萌香を一生懸命守って、育てていたと思います。

それが少し行き過ぎた場合もありましたが、母親ならだれでもそんな事はあると思います。

そして、バーベキューの日をむかえ4家族で楽しく準備を進めていると、奈々が急にお腹が痛いと倒れてしまいます。

奈々の流産

慌てて病院に行く奈々でしたが、流産してしまいます。

完全流産だったため処置の必要もなく自宅に帰った奈々でしたが、いつものように大器を心配させないように明るく振舞います。それが逆に大器を辛くしてしまいます。

奈々も、気持ちを抑え生活をしていましたが新しい治療計画を話す為に病院に行く途中で鞄についているマタニティマークを目にして、押さえていた気持ちが溢れだして泣き崩れてしまいます。

そして、大器に書置きを残して家を出てしまった奈々。

「私、赤ちゃんが欲しかったのではなくて、大ちゃんをパパにしてあげたかったんだと気づいたの。ごめんね大ちゃん、ごめんね赤ちゃん」と。

ここは見ていて本当に辛すぎます。私も涙がとまらず感想を書いている今も思い出して泣いている状態です。

あんなに待ち望んでいた妊娠、確かに感じたお腹の中にいる赤ちゃん。辛かった不妊治療を乗り越えてやっと授かったのに。でも奈々は悪くないし誰も悪くないけど奈々は自分を責めているのかな。

大器だってすごく辛かったと思うけれど、今の奈々を救えるのは大器しかいないから奈々を助けてあげて欲しいです。

最終話の展開と予想

家を出てしまった奈々、大器はどうするのでしょうか。

コーポラティブハウスの4家族がそれぞれの幸せに向かって行けると信じて。

これは、予想というか願いというか奈々と大器に赤ちゃんが来て欲しい。

最後は2人の見ている方がとろけちゃうような素敵な笑顔が見たい。切に思うのでした。

 

まとめ

奈々(深田恭子)は、「私の中に一度は宿った命が消えてしまった事が、どうしても受け入れられないのです」と手紙に書置きしていました。

凛子

辛いです。ドラマを見終わった後もしばらく涙がとまりませんでした。

いつも最後のぐっとくるシーンで流れる、ミスチルの主題歌「here comes my love」が頭から離れません。この歌を聞くと泣き崩れてしまった奈々を思い出してしまいます。

小宮山家も、離婚問題がどうなるのか気になる所です。

真一郎は深雪を許して家族を壊さないで欲しいです。

優香と萌香の悲しむ顔は見たくないです。

次週はたくさんの笑顔に包まれますように。

▼隣の家族は青く見えるの動画を無料&高画質で見たい方はこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です