ドラマ正義のセのキャストあらすじまとめ!脚本家や原作情報も

こちらの記事では日テレ10時の枠でついにドラマ化された『正義のセ』のキャストやあらすじ、脚本家や原作情報を紹介していきます。

凛子

日テレさん10時枠で小説が原作ドラマ化「正義のセ」がいよいよ始まるよね♪

吉高由里子さん主演で、イケメン三浦翔平くんも主要キャストに!

大杉漣さんもキャスティングされてたから見たかったなぁ( ; ; )

寺脇さんが急遽代わりのキャスティングに抜擢されたからこの背景もドラマの見所になりそうだね。

それじゃあ早速見ていきましょう^^

ひっきー

「正義のセ」放送日やあらすじは?

「正義のセ」放送日はいつから?

日本テレビ系列での放送となる実写版「正義のセ」は4月22日(水)の22時スタートだよ♪

初回はいつものように10分の拡大版で放送予定だそうですね。

「正義のセ」のあらすじは?

主人公の竹村凛々子は不器用だけど何事も一生懸命な2年目の新米検事。

不器用な彼女ですが、何事もまっすぐな性格の持ち主で周りをどんどん巻き込んで事件い取り組んでいく姿はみんな共感できると思います♪

仕事も一生懸命ですが恋愛面でもたくさん失敗して、一人の女性としても成長していく姿も見所の一つですね^^

 

凛子

主人公の凛々子を言葉で表すと、喜び、笑い、泣き、怒り、そしてよく食べ、よく飲み、よく働く。

→めっちゃ忙しいねw

 

しかもどんなことがあっても一晩寝たら全部忘れてしまうような明るい性格なんだってねw

でも吉高由里子さんにぴったりの役柄だね♪

ひっきー

ちなみに小説版ですと、主人公の竹村家はかなり濃ゆいラインナップとなってましたねw

竹村家は豆腐屋なんですけど、父親は大の巨人ファンの元球児で生瀬勝久さんがキャスティングされており、妹の温子(はるこ)は広瀬アリスさんがキャスティングされてるだけでもう面白そうだもんね♪

豆腐屋の家族団欒シーンがけっこうたくさん盛り込まれているそうなので楽しみですね!

「正義のセ」のキャスト情報

竹村凛々子役 吉高由里子

最近は日テレさんでタラレバ娘として活躍してたよね♪

でも今回の役はより吉高由里子ちゃんにハマりそうな役柄だよね。

そして吉高由里子ちゃんは88年生まれなんで29歳。

20代最後のドラマになりそうなのでいろんな意味で見逃せないよねw

大塚仁志役 三浦翔平

言わずと知れたイケメン俳優の三浦くんは、今回は仕事ができる先輩役を演じますので見た目そのまんまの役だね♪

ドラマの設定では主人公・凛々子2歳年上の先輩役なんだけど、実際は三浦くんも88年生まれだから同い年なんだよね〜w

そんな三浦くんの演じる検事の大塚は仕事ができて人間的にもしっかりしているが回を追うごとに人間味が増してくると言うことだから本編が楽しみだね^^

相原勉役 安田顕

安田顕さん(@yasu_da_ken)がシェアした投稿

安田さんが演じる相原は、横浜地検時の凛々子の相方の検察事務官みたいだね!

凛々子に対しては淡々と接するような役柄らしく、あんまり人間的にも面白くないらしいけど、そこをあえて面白味が増すように演じたいと安田さんはコメントしてますw

→楽しみ♪

竹村温子役(凛々子の妹) 広瀬アリス

広瀬アリスさん(@h.arisu)がシェアした投稿

広瀬アリスちゃんが演じるのは竹村温子と言う凛々子の妹役ですね!

小説では豆腐屋の後継らしいけどドラマではどんな感じで絡んでいくのかな??

吉高由里子ちゃんは学生時代にドラマで見てた憧れの女優さんらしいですよ^^

広瀬アリスちゃんが今23歳くらいだから、確かにそれくらいになるのか!?→ここも見所だね♪

木村秀樹役 平埜生成

Kさん(@preams_98)がシェアした投稿

「ひらの きなり」って読むらしいよ!→ムズイw

最近はおんな城主 直虎や、BG警護人などにも出演していた注目の若手俳優なんだよね〜♪

今回の役所は検察事務官。

小説にも木村って出てきたかな??笑

これからいろんなドラマや映画にも出演すると思うから今のうちに要チェック俳優だよ!

竹村浩市役(凛々子の父) 生瀬勝久

生瀬さんがいるともはや安心感が違いますよねw

今回は主人公・凛々子の父役として出演、アリスちゃんの温子の父でもあるから家族団欒シーンではかなり面白いことになりそうだよね!

竹村芳子役(凛々子の母) 宮崎美子

宮崎美子さんは今回は主人公・凛々子のママ役で出演しますね♪

確かにこんな知的なママだったらいいよね〜。

宮崎さんいたら、生瀬さん同様にドラマの安定感が増しますわ^^

徳永太一役 塚地武雅

今やお笑い芸人と言うより、役者の仕事の方が多いんじゃないのかな?笑

芸人の中でも、宮迫さんみたいなタイプになってきてるドランクドラゴンの塚地さんは今やドラマ界では欠かせない脇役ですよね!

今回の役も検事役なので主要人物になるかも!?

梅宮 譲役 寺脇康文

寺脇さんのキャスティングは、実は大杉漣さんの演じる予定だったんだよね〜。泣

スタートからとても悲しい出来事でしたが、寺脇さん自身が一番キンチョーするよね!?

でも吉高由里子ちゃんとは他のドラマで父役で一緒にキャスティングされてたこともあるから、今回の支部長役は二人ともやりやすいかもね^^

「正義のセ」の脚本家や原作について

脚本家は松田裕子

今回のドラマ版「正義のセ」の脚本を担当するのは松田裕子さんですね!

実は松田裕子さんは「タラレバ娘」も脚本を担当。

凛子

つまり吉高由里子ちゃんとの相性はGood♪

ってことだね^^

 

直近の担当したドラマや映画は・・・

  • 兄に愛されすぎて困ってます (2017)
  • 東京タラレバ娘 (2017)
  • きょうのキラ君 (2017)
  • HiGH&LOW THE RED RAIN (2016)
  • 黒崎くんの言いなりになんてならない (2016)
  • 黒崎くんの言いなりになんてならない (2015)

 

恋愛ネタを得意とする方かもしれない!?

これは「正義のセ」も恋愛の要素があるから女子にはかなり面白いぞ♪

ひっきー

「正義のセ」原作は?

阿川 佐和子さん原作の人気小説「正義のセ」が原作だね!

2011年から連載が始まって2013年に単行本化されたみたい。

人気だったから同じ年の2013年に続編の「正義のセ 2」と「正義のセ 3」も発売。

そして2015年に「負けるもんか 正義のセ」も発売される人気シリーズ化していったんだね^^

美人な人なんだよね〜↓↓

元タレントさんなんだってね!

報道キャスターとして活躍して、ビートたけしのTVタックルにも進行役として出演してたんだよ♪

みんなも知ってるよね?

実はこの「聞く力」も阿川さんの執筆したものなんだよ!(◎_◎;)

阿川さんはベストセラー作家で、多くの著名人の方にも尊敬されているすごい方なんですね♪

ひっきー

凛子

そんな阿川さん原作のドラマを見逃さないはずないよねw

まとめ

凛子

2018年4月ドラマが楽しみではありますが今回は阿川さん小説が原作の「正義のセ」を紹介していきました♪

タラレバ娘の脚本家の松田さんと吉高由里子ちゃんの演技にも注目ですね♪

お楽しみに!

ひっきー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です