ドラマ「下町ロケット」キャストあらすじまとめ!脚本家や原作もチェック

10月14日(日)に放送がスタートするTBS日曜劇場「下町ロケット」は2015年にシーズン1が放送された阿部寛さん主演、小説家・池井戸潤さん原作のドラマです。

シーズン1のキャストに加えて、新キャストも登場する「下町ロケット」に注目が集まっています。

凛子

シーズン1のキャストも豪華だったよねー。土屋太鳳ちゃんとか真矢みきさんとか。
当時はまだ出始めだった竹内涼真さんもシーズン1から出演しているよね。

ひっきー

こちらの記事では日曜劇場「下町ロケット」のキャストやあらすじ、脚本家や原作情報を紹介していきます。

もくじ

ドラマ「下町ロケット」放送日やあらすじは?

2018年10月14日(日)よる9時に初回25分拡大スペシャルでスタート!

ドラマ「下町ロケット」あらすじ

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている 佃航平(阿部寛)。

一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。

ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の 財前(吉川晃司) から告げられ、佃はショックを受ける。

ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。

そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。

そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。

父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と 山崎(安田顕)。

トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。

それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

「下町ロケット」シーズン2は、宇宙(そら)から大地へ。

佃製作所の新たな戦いの幕が上がります。

 

「下町ロケット」キャスト情報

佃 航平(つくだ こうへい)役 – 阿部寛

・佃製作所 社長

・小型エンジンを開発・販売する佃製作所の2代目社長

・技術者として誇り高い仕事をする熱い男

・かつては宇宙科学開発機構の研究員であったが、ロケット打ち上げ失敗の責任をとって辞職

・父が遺した町工場を継ぐ

・しかし、ロケットへの夢は捨てきれず、ロケットエンジンに必要不可欠なバルブシステムを研究開発

・帝国重工のロケット事業「スターダスト計画」では開発したバルブシステムが採用

・さらに心臓病患者のための人工弁の開発「ガウディ計画」に協力

・作り上げた人工弁は実用化に向けてスタートするなど順調な日々を送っていた

・そんなある日、帝国重工から「スターダスト計画」が次回で終わるかもしれないと告げられる

・追い討ちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーからも小型エンジンの取引削減を言い渡され、航平は強い危機感を抱いていた。

 

和泉 沙耶(いずみ さや)役 – 真矢みき

・JAXS(宇宙科学開発機構)の社員

・航平(阿部寛)の元妻

・航平と同じ大学で学生結婚する。

・優秀な研究者であった夫・航平が町工場の社長となり、経営ばかり気にしていることに嫌気がさし、離婚

・離婚後もJAXSに残り、研究者の王道を進み世界中を飛び回っている。

・ナカシマ工業との訴訟では、知財案件に詳しい弁護士の神谷(恵俊彰)を航平に紹介するなど、何かと連絡を取り合っている。

 

佃 利菜(つくだ りな)役 – 土屋 太鳳

・佃航平の一人娘

・母親の沙耶が出ていいてからは、航平の実母である和枝が母親代わりとなる。

・大学は理工学部に進学し、父のロケットへの情熱に感化されて帝国重工に就職。

・帝国重工では、新型エンジンの開発に携わっている。

 

佃 和枝(つくだ かずえ)役 – 倍賞 美津子

・航平(阿部寛)の母親

・航平が会社を継ぐ以前は、専務として会社に関わっていた。

・航平が社長に就任してからは役職を退く。

・航平が沙耶(真矢みき)と別れて以来、佃家を守り、孫の利菜(土屋太鳳)を母親代わりに育ててきた。

・航平、利菜の良き理解者

 

殿村 直弘(とのむら なおひろ)役 – 立川 談春

・佃製作所社員

・経理部長

・白水銀行から出向する銀行員だった。

・航平(阿部寛)と社員たちのひたむきな「仕事と向き合う姿勢」に感化され、佃製作所の社員隣、経理部長職へ就いた。

・不器用な性格だが、会社に対する愛着は人一倍ある。

・航平や社員たちに対してキツイ物言いをすることもあるが、それは佃製作所のことを思ってのこと。

・現在は一目置かれ、航平の良き相談相手となるなど、欠かせない存在。

・そんな折、父親が倒れたと連絡が入る。

・実家は300年続く農家のため、看病と畑仕事の手伝いに週末ごとに妻・咲子(工藤夕貴)と帰省する。

 

的場 俊一(まとば しゅんいち)役 – 神田 正輝

・帝国重工の取締役

・次期社長候補

・「スターダスト計画」に懐疑的であり、ロケット開発計画に反対する「反藤間派」として不穏な動きを見せる。

・次期社長候補の筆頭で、藤間(杉良太郎)と財前(吉川晃司)を追い込んでいく。

 

財前 道夫(ざいぜん みちお)役 – 吉川 晃司

・帝国重工、宇宙航空部の部長

・入社以来、順調にエリートコースを歩んできた。

・純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を担当

・そこで巡り合った佃製作所の技術力に感銘

・キーテクノロジーの内製化という方針の藤間社長(杉良太郎)を説得し、佃製のバルブシステムの部品供給を実現させた。

・その後、部品供給業者をコンペにより選定すると社内方針が変わるものの、佃の技術力を信じ、佃製のバルブを搭載するため奮闘した。

・スターダスト計画発足から10年、スターダスト計画を先頭に立って推し進めてきたが、様々な壁に阻まれ岐路に立たされる。

 

藤間 秀樹(ふじま ひでき)役 – 杉 良太郎

・帝国重工の社長

・帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディング・カンパニーにすることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を実現させた。

・しかし、買収の失敗などによる大幅な赤字により、経営責任を問う声が高まり、窮地に立たされる。

 

水原 重治(みずはら しげはる)役 – 木下 ほうか

・帝国重工、宇宙航空部の本部長

・財前(吉川晃司)の直属の上司

・「にっこり笑って人を切る」と言われるほど冷徹な性格の持ち主

・完全内製化にこだわっている。

 

神谷 修一(かみや しゅういち)役 – 恵 俊彰

・神谷・坂井法律事務所の代表

・知財関係の訴訟のエキスパートである凄腕の弁護士

・元は佃製作所を訴えたナカシマ工業の顧問である田村・大川法律事務所に籍を置いていた。

・沙耶(真矢みき)の紹介で佃製作所の顧問弁護士となる。

 

中川 京一(なかがわ きょういち)役 – 池畑慎之介

・ケーマシナリーの顧問弁護士

・国内最大手である田村・大川法律事務所所属

・技術系の企業法務の分野では名の知れた優秀な弁護士

・競合となる中小企業を追い詰めるために訴訟を起こす企業の血の涙もない法廷戦略に加担している。

・卓越した法廷戦略で佃製作所を追い詰めていく。

 

末長 孝明(すえなが たかあき)役 – 中村 梅雀

・ベンチャー企業「ギアゴースト」の顧問弁護士

 

重田 登志行(しげた としゆき)役 – 古舘伊知郎

・小型エンジンメーカー「ダイダロス」の代表取締役

・「ダイダロ」とは、佃製作所の大手ライバル企業

・「安さは一流、技術は二流」をスローガンに新規の顧客に食い込んで急速に業績を伸ばしている。

・「ロケット品質」で技術力を売りにする佃製作所とは正反対で、農機具のエンジンなど動けばいいと考えを持つ。

 

殿村 咲子(とのむら さきこ)役 – 工藤夕貴

・殿村直弘(立川談春)の妻

・義父・正弘(山本學)が倒れたため、夫とともに週末ごとに帰省して米作りを手伝う。

・長年連れ添う献身的な妻

 

殿村 正弘(とのむら まさひろ)役 – 山本 學

・殿村(立川談春)の父親

・300年続く農家の12代目

・農家は俺の時代で終わりにすると、殿村(立川談春)を大学まで行かせ、一人で米を作り続けてきた。

・高齢なこともあり、過労で倒れてしまう。

 

殿村 恭子(とのむら きょうこ)役 – 立石 凉子

・殿村(立川談春)の母親

・優しく穏やか

・一人で米を作り続ける夫・正弘(山本學)を支えている

 

稲本 彰(いなもと あきら)役 – 岡田 浩暉

・殿村(立川談春)の同級生

・農家として生き残るため、農家仲間と「農業法人」を作ろうとしている。

・殿村に「農家を継がないのであれば、田んぼを譲って欲しい」と頼む。

 

神田川 敦(かんだがわ あつし)役 – 内場 勝則

・アメリカに親会社を持つ大手トランスミッションメーカー「ケーマシナリー」の知財部長

・次々とライバル会社を訴えては莫大な和解金を手にする知財戦略を繰り返し、業界内で恐れられている。

 

立花 洋介(たちばな ようすけ)役 – 竹内 涼真

・佃製作所従業員

・技術開発部の若手技術者

・真正直すぎて冗談が通じないところがあるが、手抜きがなく信頼のできる男

・「ガウディ計画」では、チームのリーダーとなり、重責を感じながらも、ただひたすら実直に開発に没頭した。

・ロケットチームに入るため、自主的に勉強をしてる中、佃製作所が新規事業として参入するトラクターのトランスミッションに使われるバルブの開発チームに加わることになる。

・しかし、チームリーダーの軽部(徳重聡)と意見が対立する。

 

山崎 光彦(やまざき みつひこ)役 – 安田 顕

・佃製作所従業員

・技術開発部の部長

・航平(阿部寛)の大学時代の航平で、その腕を見込まれて技術開発部のリーダーとして佃製作所へ招かれた。

・3度の飯より実験が好きという根っからの研究者

・口数は少ないが、自身が携わる研究に関しては、周りを圧倒する勢いで熱弁をふるうこともある。

・航平の右腕的存在

 

軽部 真樹男(かるべ まきお)役 – 徳重 聡

・佃製作所従業員

・技術開発部の孤高のエンジニア

・佃製作所が新規事業として参入するトランスミッションのメーカーに務めていた経歴あり

・トラクターのトランスミッションに使う「バルブ開発チーム」のリーダーに任命される。

・立花(竹内涼真)、加納(朝倉あき)とともにトランスミッションの開発に心血を注ぐ。

・ぶっきらぼうでドライな正確であるが故にたびたび周囲と衝突する。

・しかし、仕事への情熱は人一倍あるよう。

 

江原 春樹(えはら はるき)役 – 和田 聰宏

・佃製作所従業員

・営業二部の係長

・若手社員のリーダー的存在

・元同僚の真野(山崎育三郎)から協力を依頼された人工弁開発プロジェクト「ガウディ計画」において営業と開発チームのサブリーダーとなり、開発に従事した。

 

迫田 滋(さこた しげる)役 – 今野 浩喜

・佃製作所従業員

・経理部の係長

・堅実な仕事ぶりと的確な意見により、江原(和田聰宏)と並び若手社員のリーダー的存在。

 

津野 薫(つの かおる)役 – 中本 賢

https://twitter.com/namaikitv/status/729903199029583874

・佃製作所従業員

・営業第一部長

・社長としての航平(阿部寛)を信頼している。

・「ロケット品質」を掲げ、営業第一部を引っ張っている。

 

唐木田 篤(からきだ あつし)役 – 谷田 歩

・佃製作所従業員

・営業第二部部長

・外資系IT企業出身

・徹底した合理的思考の持ち主

・営業第一部部長のの津野(中本賢)とは対立することもある。

・理想を求める航平(阿部寛)や山崎(安田顕)とも意見が食い違うこともある。しかし、それは佃製作所の経営を思ってのこと。

・懐疑的であった「ガウディ計画」に対しては人工弁開発にかける想いに心を動かされて協力するなど熱い部分もある。

 

加納 アキ(かのう あき)役 – 朝倉 あき

・佃製作所従業員

・技術開発部の若手女性エンジニア

・大学院の修士課程修了後、家庭の事情で研究を断念し、佃製作所に入社

・少々おっちょこちょいだが、粘り強さはピカイチ

・「ガウディ計画」プロジェクトで立花(竹内涼真)をサポートする。

・佃製作所が新規参入するトラクターのトランスミッションに使う「バルブ開発チーム」に立花(竹内涼真)とともに加わる。

 

仁科 美咲(にしな みさき)役 – ぼくもと さきこ

・佃製作所従業員

・接客担当の事務員

・徹夜で作業する社員を気遣うなど、陰で支えるムードメーカー

 

本田 郁馬(ほんだ いくま)役 – 山田 悠介

・佃製作所従業員

・技術開発部

・佃製作所が新規参入するトラクターのトランスミッションに使う「バルブ開発チーム」の一員

 

佐伯 文也(さえき ふみや)役 – 松川 尚瑠輝

・佃製作所従業員

・技術開発部

・佃製作所が新規参入するトラクターのトランスミッションに使う「バルブ開発チーム」の一員

 

上島 友之(うえしま ともゆき)役 – 菅谷 哲也

・佃製作所従業員

・技術開発部

・「ロケットチーム」として、ロケットエンジンのバルブ開発を担当

 

蔵田 慎二(くらた しんじ)役 – 坪倉 由幸

・農具メーカー、ヤマタニ製作所の調達部長

・佃製作所の大口取引先

・性能よりもコスト重視の方針に変更したいと佃製作所に小型エンジンの取引削減を告げる。

・低価格化モデルに関しては、佃製作所のライバル企業である「ダイダロス」に受注すると言う。

・トラクター用トランスミッションのバルブを作りたいと言う佃製作所に「ギアゴースト」を紹介する。

 

伊丹 大(いたみ だい)役 – 尾上菊之助

・ベンチャー企業「ギアゴースト」の社長

・帝国重工の元社員で、機械事業部で事業企画を担当していた経歴を持つ。

・同僚だった研究職の島津(イモトアヤコ)とともにギアゴーストを立ち上げ、創業5年で急成長させた敏腕社長

・自身に技術力はないながらも、新たなビジネスモデルで成長を進め、業界でも異端児として注目されている。

 

島津 裕(しまづ ゆう)役 – イモトアヤコ

・創業5年のベンチャー企業「ギアゴースト」の副社長兼技術者

・帝国重工の元社員で、天才エンジニアと呼ばれていた。

・伊丹(尾上菊之助)と立ち上げたギアゴーストはトランスミッションを主戦とし、パーツのひとつひとつをコンペで選定して外注するという新たなビジネスモデルで急成長している。

・航平(阿部寛)をはじめとする佃製作所のメンバーと出会い、深く関わることになる。

 

柏田 宏樹(かしわだ ひろき)役 – 馬場 徹

View this post on Instagram

佃の立花とギアゴースト柏田 ドラマ #陸王 でお馴染みのおふたり👏😃 日曜劇場 #陸王 がParavi(パラビ)にて独占配信スタートです✨ 登録月無料だそうです‼️ あの感動をもう一度🏃🏃‍♀️ paravi.jp/title/19429 #竹内涼真 #馬場徹 #茂木顔の立花君 #蘇る陸王の思い出 #最初足袋に似てるものを探し続けた結果なかったのでノギスを持ってもらうか悩んでたスタッフ #結果的に普通に何も持たなくても茂木ちゃんになってくれました #ありがとう竹内くんありがとう #大橋課長と茂木ちゃんの貴重なツーショットでした🌤 #下町ロケット🚀 #陸王👟 #池井戸潤 #tbs

A post shared by 日曜劇場「下町ロケット」 (@rocket_tbs) on

・ベンチャー企業「ギアゴースト」のエンジニア

・伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)のことを信頼している

・島津の設計を理解して支える技術者のひとり

 

坂本 菜々緒(さかもと ななお)役 – 菅野 莉央

View this post on Instagram

.🚀 お知らせです。 10月スタートのTBS日曜劇場「下町ロケット」に ギアゴーストの社員坂本菜々緒役で出演します。 . 沢山の方に愛されている作品に、その一員として参加できること、とても幸せに思います。 もう撮影は始まっているのですが、 現場は緊張感がありながらも、キャストの方やスタッフの皆様が温かくて感謝でいっぱいです。 放送は少し先ですが、是非楽しみに待っていて下さい! . TBS드라마 「시타마치 로겟」. 10월부터 시작하겠습니다😊 . #tbs #日曜劇場 #下町ロケット #일본드라마 #시타마치로켓 #변두리로켓

A post shared by 菅野莉央 (@riokanno.1993) on

・ベンチャー企業「ギアゴースト」のエンジニア

・島津の設計を支え、開発に勤しんでいる。

 

斎藤 あゆみ(さいとう あゆみ)役 – 原 アンナ

・帝国重工の技術者

・利菜(土屋太鳳)の先輩

 

辰野(たつの)役 – 六角 精児

・株式会社大森バルブの営業部長

・大森バルブは、ギアゴーストが手がけるトラクター用トランスミッションの「バルブ」を佃製作所とコンペで競うライバル企業

・コンペの相手が「ロケット品質」の佃製作所だと知り、最高レベルのバルブを作るよう指示を出す。

 

蒔田(まきた)役 – 山本 圭祐

https://twitter.com/saimon_movie/status/973398402846244864

・株式会社 大森バルブの営業部員

・町工場である佃製作所がコンペに名乗り出たと知り、身の程知らずだと失笑する。

 

入間 尚人(いるま なおと)役 – 丸一 太

・ヤマタニ製作所の工場長

 

凛子

いや〜、めちゃくちゃ登場人物が多いねぇ。
そして、こんなに登場人物が多いのに、人物設定がめちゃくちゃ細かいのが凄い!

ひっきー

凛子

さすが、池井戸潤さん原作だね!!

 

原作者・池井戸潤とは?

ドラマ「下町ロケット」の原作者であり、小説家の池井戸潤さんとは、人気小説家!!

これまで実写化された作品は以下の通りです。

 

◎半沢直樹シリーズ

・オレたちバブル入行組

・オレたち花のバブル組

・ロスジェネの逆襲

・銀翼のイカロス

◎花咲舞シリーズ

・不祥事

・花咲舞が黙ってない

◎空飛ぶタイヤ

◎民王

◎陸王

◎ルーズヴェルト・ゲーム

◎ようこそ、わが家へ

そして、今回の「下町ロケット」シリーズ

◎下町ロケットシリーズ

・下町ロケット

・下町ロケット2 ガウディ計画

・下町ロケット ゴースト

・下町ロケット ヤタガラス

 

池井戸作品と言えば、絶対面白い!と安心して見れますよね。

今回のドラマ「下町ロケット」は、池井戸潤さんの小説「下町ロケット ゴースト」が原作となっています。

脚本家・丑尾健太郎とは?

脚本を担当するのは、脚本家の丑尾健太郎さんです。

丑尾健太郎さんは、これまで多くの人気ドラマを手がけています。

【ドラマ】

・2015年「無痛」脚本(出演:西島秀俊 伊藤淳史 石橋杏奈)

・2017年「小さな巨人」脚本(出演:長谷川博己 岡田将生)

・2018年「ブラックペアン」脚本(出演:二宮和也)

【映画】

・2010年「THE LAST MESSAGE 海猿」 脚本協力(出演:伊藤英明、加藤あい)

・2008年「シャカリキ!」 脚本(出演:遠藤雄弥、南沢奈央)

 

凛子

ドラマは、「無痛」や「ブラックペアン」などシリアスなドラマの脚本が多いんだね。
映画の「シャカリキ!」は確か原作が漫画だったよね。小説や漫画を脚本に起こす作業って大変なんだろうなぁ。

ひっきー

凛子

それをヒットさせちゃうってまた凄いよね!

まとめ

日曜ドラマ「下町ロケット」キャストや原作者、脚本家についてまとめました。

阿部寛さん主演の作品。出演者もとても多く、また豪華!!

そして何と言ってもコケ知らずの池井戸潤作品となれば期待値は上がりますね!!

シーズン1も面白かったですしね!!

ドラマ「下町ロケット」は「明日から1週間また頑張ろう!」って活力がもらえる、日曜ドラマにぴったりの作品ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です